このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

エンクロージャ(キャビネット)

 低音用スピーカーには主にコーン型が使用されるが、このスピーカーはスピーカーユニットを空中にそのまま置いたのでは十分な低音が得られない。なぜなら、前方に出た音(仮に密とする)と後方に出た音(必ず前方に出た音と反対の疎になる)が、スピーカーユニットの横で打ち消しあって音波にならないためである。それを防ぐためには前方と後方を仕切るバッフル板である(バッフルとは「妨げる」という意味)。このバッフル板が大きければそれなりの効果が出る。

 バッフル板を箱にして後方に出た音波を閉じ込めるのが一般的で、このような箱をエンクロージャ(キャビネット)と呼ぶ。

エンクロージャの種類

密閉型

・構造、動作原理共に簡単で広く使用される。

・箱の内容量が小さいときは、内部の空気がバネのように反発して振動板が動きにくくなる。そのため、スピーカーユニットの最低共振周波数(f0)が上昇し、低音の限界が高い方に移動する。

 スピーカーの振動板はある重さを持ち、ダンパーは柔らかいバネです。この2つは単共振を起こすが、その共振周波数を最低共振周波数といい、記号はf0を使用します。ダイナミックコーン型のウーハーではf0は数十Hzで、その周波数の信号を入れると、共振により大きな振幅を示す。

・小型の密閉型はエアサスペンション型と呼ばれる。

 なるべく低音を出せるような工夫をしてある。f0が十分に低いスピーカーユニットを用い、内部の空気のバネをスピーカーユニットのサスペンション(ダンパーの役目)として利用し、その箱の容積いっぱいのf0を得ようとする。

・箱の内部を吸音材で満たしたものをアコースティックサスペンション型と呼ばれる。

 f0の十分に低いスピーカーユニットを用いている。吸音材の効果によって全体のf0の上昇を抑えるようになっている。

・エアサスペンション型とアコースティックサスペンション型のどちらとも、スピーカーユニットのf0を低くするために振動板は重くなり、能率は低くなる。

バスレフ型

・バスレフとはバスレフレックスの略で、低音(バス)を折り返して(レフレックス)利用しようというタイプ。

・ポートあるいはダクトと呼ばれる空気の通路が作られている。

 振動板の背面から出た音波は、このポート内部の空気の重さと箱内部の空気のバネによる共振系を駆動して、ポート内部の空気を大きく振動(流入・流出)させる。そのとき、共振周波数以上では振動板全面の音波とポートから出入りする音波は位相が逆になり、振動板全面の音波と同相になる。

・設計、調整共に密閉型より難しいが、小型の箱で低音の再生限界を広げられる効果がある。

パッシブラジエータ型(ドロンコーン型)

・パッシブ(受動)振動板(ボイスコイルは付いていない)という一種のダミーのコーンが箱に付いている。このコーンをドロンコーンという。

 ドロンコーンの重さと空気のバネが共振系を作る。

・原理はバスレフと同じですが、低音振動板の面積が増大したことになるので、聴感的な評価はよい。

バックローデッドホーン型

・後方の音波をホーン形状の通路を通すことにより、振動板に負荷がよくかかるように考案されたタイプ。

・能率がよい。

・低音の再生限界まで滑らかな特性を得るのは容易ではなく、個性的な音色になりやすい。