このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

デコーダ

 一般のデジタル機器において、1〜9の番号の付いた9個のスイッチのうち、どれかひとつだけをONやOFFする10進コードを考える(すべてのスイッチをOFFにしたときを0にすれば、ちょうど10個のパターンがある)。

 これを2進コードに変換できなければ、デジタル機器内部の論理回路は動くことはできない。

 10進コードから2進コードに変換するような回路をエンコーダと呼ぶ。逆に2進コードから10進コードに変換する回路をデコーダと呼ぶ。

[補講]実際にこのエンコーダは多入力のORゲートで構成できる。また、デコーダはNOTゲートと多入力のANDゲートで構成できる。

参考文献

  • 『制御基礎講座5 プログラム学習によるマイコン制御 基礎編』