このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

オーディオケーブル

  • 伝導率の高さと素材のコストの都合から、ほとんどのケーブルは素材にを採用している。
    • 銅線である以上ノイズの影響を避けきれないために、現在では光ファイバーを利用したケーブルが主流になりつつある。

オーディオケーブルの種類

  • RCAピン(ピン、ピンプラグ)
    • 「RCA」という名は、この端子を開発した電気メーカー(現在はGEに買収)に由来する。
    • 据え置き型のAV機器には、必ずといっていいほど装備されており、ステレオ音声を他のAV機器とやり取りする目的で使用される。
    • 通常、ケーブルの両端には凸型(オス)の端子が付いているので、それをAV機器の背面にある凹型(メス)の端子に差し込めば準備が完了する。
      • 右側の音声には赤色、左側の音声には白色というルールを守ればよく、簡単に接続できるはずである。
  • ミニプラグ
    • 多くのポータブルオーディオに装備されている。
    • 市販の小型ヘッドホンの大半がこの端子を備えている。
    • ピンではケーブルを2本必要とするところが1本で済むほか、プラグ部分を多極化して映像データを扱えるようにしたものもある。
    • プラグは直径の大きさによって分類され、6.3mmの「標準」、3.5mmの「ミニ」、2.5mmの「ミニミニ」が普及している。
  • 光ケーブル

参考文献

  • 『これだけは知っておきたいデジタル家電のしくみとポイント』