このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

グラフ・管理図

グラフ

・グラフとは、データを図式化して表すことによって、人間の視覚に訴え、より多くのことを要約して、より早く伝えようとするものをいいます。

・グラフの特長は、時間的変動がよくわかること、数値の羅列よりも図式のほうが直感的に色々なことがわかりやすいこと、異常な変動がわかりやすいことなどです。

・グラフには、棒グラフ、折れ線グラフ、点グラフ、面積グラフ、三角グラフ、絵画グラフなどがあります。

 

管理図

・管理図とは、折れ線グラフの中に点の動きが異常かどうかを判断するための中心線や管理限界線を記入した図のことです。

・製品の品質には同じ材料を使い同じ作業方法で行っても、ばらつきがあります。管理図は、偶然(原因を調べても意味がない)のばらつきと、異常原因(見逃すことのできない原因)によるばらつきとを区別する働きがあります。

・計量値(量って得られるデータ)の管理図としてよく用いられるのは、 ̄x-R管理図(平均値と範囲の管理図)です。