このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

セルロイド

  • アメリカのジョン・ハイアットは、火薬の原料に使われていたニトロセルロースに樟脳【しょうのう】を加えると、思い通りの形にできることを見つけた。ハイアットはこの物質に「セルロイド」という名を付けて売り出した。
  • 本物の象牙のように硬く、弾力がある。
  • ハイアットがセルロイドを発明する少し前に、イギリスのパークスもニトロセルロースからプラスチックを発明していた。
    • パークスはそれに「パークサイン」という名を付けて、1862年のロンドン万博博覧会に出品した。
    • パークスはパークサインでカラー(服の襟)を作って売りだした。しかし、パークスはあまり商売が上手ではなく、セルロイドほど有名にならなかった。

参考文献

  • 『「もの」と「ひと」シリーズ7 プラスチック』