このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

セントロニクス

・Windows対応のPCには普通、2つのシリアルポート(RS232-C)と1つのパラレルポート(IEEE1284)が用意されている。これらのポートはそれぞれ異なった用途・目的のために利用する。

・最初のIBM-PC用のセントロニクス互換プリンタインタフェースとして作られ、IEEEの標準化作業を経て、1994年にIEEE1284として承認された。

・コネクタはD-sub25pinのメスで、ケーブル長は最大5mである。

・パラレルポートは同時に8本のワイヤを使ってデータの送受信を行う。当然、シリアル通信に比べ早くデータのやり取りが行えるが、ケーブルは太くなる。パラレルポートは主にプリンタとの接続などに利用する。

動作モード

  • 互換モード
    • 順方向(PCから装置へ)の仕様
    • IBM-PCの標準モード。
  • ニブルモード
    • 逆方向(装置からPCへ)の仕様。
    • エラーなどを伝えるステータス線4本を使い、4ビットずつ転送する。
    • 古くから使われているモード。
  • バイトモード
    • PS/2で拡張されたモード。
    • データ線8本を使って逆方向で伝送する。
    • ニブルモードと違い、データ線が双方向に対応している必要がある。
  • ECP
    • IEEE1284が規定した高速の双方向データ転送モード。
    • DMAを使用した高速通信が可能。
    • 最高転送速度は2Mbps。
  • EPP
    • IEEE1284が規定した高速の双方向データ転送モード。
    • デイジーチェーンで7台までの周辺機器が接続可能。
    • 最高転送速度は8Mbps。

セントロニクスのピン

25ピン

メス

 2番〜9番ピンまでがデータ線、18番〜25番ピンまでがGNDである。

ピン番号名称意味
1FG保安用アース
(2)TxD送信データ
3RxD受信データ
(4)RTS送信要求
5CTS送信可
6DSRデータ・セット・レディ
7SGシグナル・グランド
8DCDキャリア検出
9
10
11
12
13
14
15ST2送信信号エレメント・タイミング
16
17RT受信信号エレメント・タイミング
18
19
(20)DTRデータ・ターミナル・レディ
21
22CI被呼表示
23
(24)ST1送信信号エレメント・タイミング
25

参考文献

  • 『”よくわかる”マスター CompTIA A+ Core Hardware 対策テキスト』