目次

ダイオキシン類対策特別措置法

 ダイオキシン類対策特別措置法とは、ダイオキシン類による環境汚染を防止し、その汚染を除去することなどを目的として制定された。この法律が施行された背景には、廃棄物焼却施設から排出されるダイオキシン類による環境汚染が問題になったことが挙げられる。

耐容1日摂取量

 耐容1日摂取量とは、ダイオキシン類を人が生涯に渡って継続的に摂取したとしても健康に影響を及ぼす恐れがない1日当たりの摂取量のことである。

 ダイオキシン類は非常に有毒な物質であることから、耐容1日摂取量は人の体重1kg当たり4ピコグラム以下で、これが政令で定める値とされている。

参考文献

  • 『ビジネスコンプライアンス検定 初級 問題集』