このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ディジタルRF電流計(高周波電流計)バージョン2

  • パーツセットの組み立て式なので\1,550
  • ハムフェアで購入
    • 大進無線のWebサイトからも同一のものが購入可能
  • 漏洩電流(RFインターフェア対策、RF回り込み対策)を調べるための測定器。
  • 製作時間:2時間

特徴

  • RFインターフェアの原因となるコモンモード電流を測定するために使用する。
  • 洗濯バサミがRF検出部のトロイダルコアになる。トロイダルコアの部分が2分割になるようになっていて、このコアに同軸ケーブルやコード類を挟む。そして、ミノムシクリップにデジタルテスターを接続して、直流電圧を読み取り、換算(指示値の1/10)すれば、RF電流値となるように設計されている。
  • 家電製品の電源コード、電話線、トランシーバーの入出力コードを挟んで調べる。
  • 洗濯バサミは大きいので、10Dクラスの同軸ケーブルを挟むことも簡単。
  • 漏洩電流を防ぐために怪しい部分にコアを入れるが(同軸ケーブルならフェライトコア、電源ラインなら分割コア)、コアの挿入前後で数値変化を見ながら挿入していく。

内容物

  • 分割リングコア・ナイロンクランプE04ST402715D or MTCN402715H×1個
  • ショットキーバリアダイオード1SS198×4個
  • 抵抗器(炭素被膜)
    • 1MΩ(1/4W)×1個
    • 120Ω(1/4W)×1個
    • 4.7KΩ(1/8W)×4個
  • セラミックコンデンサ0.01〜0.1μF×2個
  • ビニール皮膜線(クランプ用)0.3SQ KV…2m
  • 赤黒平行線(表示部接続用)0.3mm平行VFF…1m
  • 結束バンド(小)FB-100×10本
  • ユニバーサル基板(6×9穴)×1枚
  • 熱収縮チューブ
    • 20φ 透明100mm×1個
    • 3φ 40mm×1個
  • ミノムシクリップ(小)×2個(赤・黒1つずつ)
  • 特大洗濯バサミ ビックピンチ×1個
  • 組み立て用資料3枚(部品表・回路図・作り方など)

製作

回路図

使用した道具

  • はんだ
  • はんだごて
  • ニッパー
  • ワイヤーストリッパ
  • ヒートクリップ
  • 蛍光ペン
    • 回路図の配線チェック用
  • 先端がくの字のラジオペンチ
    • ミノムシクリップとケーブルを締めるために使う
  • 割り箸
    • ミノムシクリップに挟んでカバーをはずすときと取り付けるときに使う
  • デジタルテスター
    • 製作自体には使わないが、テスト使用に使う

製作手順

 付属の資料より、公式ページの方がカラーなので読みやすい。

1:まずはクランプコアに黄色のビニール皮膜線を巻く。結束バンドで4箇所固定してから、説明の通りナイロンクランプの上から左5回・右5回分巻く。両側巻き終わったら、折り返して、黒の3mmφの熱収縮チューブに通す。その後、余分な結束バンドと開閉口のナイロンの突起部分をカットする。

2:特大洗濯バサミにコアごと挟む。

3:一旦洗濯バサミの方は置いておいて、ユニバーサル基板のはんだ付けを行う。これが検波部基板になる。6×9穴じゅなくて6×10穴なら1MΩの抵抗が配線しやすいと思った…。
 検波部基板のはんだ付けが完了したらコードと繋げる。表示部への接続において、プラスが赤線、マイナスが黒線になるように接続する。コア側への接続はプラスマイナスの区別はない。

4:黒い熱収縮ケーブルのところを取っ手の内側穴から結束バンドで止める。次に、洗濯バサミの内側に検波部基板をセットして、その上から20φ透明熱収縮を被せる。そして、ドライヤーなどでの熱風で収縮固定する。

5:赤黒平行線の先に、ミノムシクリップを半田付けする。これで完成。

 結束バンド3本、20φ透明熱収縮が少し、ビニール皮膜線が余った。

測定実験