このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ナトリウム

  • Na
  • 指定数量:10[kg]
  • 比重:0.97
  • 融点:98℃
  • 沸点:882℃
  • 融点以上に加熱すると、黄色の炎を上げて燃焼する。
  • ナイフなどで切断すると切り口はすぐに被膜で覆われ、光沢を失う。
  • と接触すると激しく反応し、水素と熱を発生する。
  • 空気と接触すると自然発火しやすい。
  • その他の性質はカリウムに準ずるが、反応性はカリウムよりも多少劣る。

[補講]カリウムとナトリウム比較すると、比重・融点・沸点のいずれもカリウムの方が高い。 ◇

危険性

  • 水と接触すると、発熱を伴って水素を発生し、場合によっては爆発することがある。
  • 長時間空気と接触すると自然発火の危険性が大きい。
  • 触れると皮膚を侵す。

火災予防の方法

  • 水または空気との接触を避け、保護液(灯油など)に小分けして貯蔵して、また保護液から露出しないように管理に注意する。
  • 取り扱いは皮膚に直接触れないように注意する。
  • 密栓した容器に収納し、乾燥した冷暗所に貯蔵する。
  • 容器が破損しないように取り扱いには注意する。

消化の方法

  • 乾燥砂、膨張ひる石、膨張真珠岩などを用いて消化する(窒息消化)。
  • 水または泡などの水系の消火剤を使用してはならない。

参考文献

  • 『チャレンジライセンス 乙種1・2・3・5・6類 危険物取扱者テキスト 改訂版』