このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ネットワークトラフィックの分類

 ネットワークトラフィックは次の3つに分類できる。

 これらのトラフィックによって、ネットワーク上のハードウェアがパケットをどのように扱うかが決まる。

ブロードキャスト

マルチキャスト

  • 1つの送信元から複数の宛先に同時にパケットを送信する手段である。
  • できる限り小さな帯域を使い、できる限りシンプルにこの手段を実現している。
  • トラフィックは宛先に到達するために何回データが複製されたかによって、どう最適化されるかが決まる。
  • マルチキャストのトラフィックを正確に操作できるかどうかは、個々のプロトコルの実装に大きく依存する。
    • マルチキャストの主な実装方法は、パケットを受信するシステムをマルチキャストグループとしてグループ化し、そのグループにアドレスを割り振ることである。これがIPマルチキャストの働きである。
    • マルチキャストグループにアドレスを割り振ることによって、パケットを受け取るべきではないコンピュータにパケットを送信しない。

ユニキャスト

  • ユニキャストパケットはコンピュータからコンピュータへ直接送信される。
  • ユニキャストがどう機能するかは、使用するプロトコルによって決まる。

参考文献

  • 『実践パケット解析』