このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ネットワークシステムの構成装置

  • DTE(Data Terminal Equipment:データ端末装置)
    • コンピュータや端末装置などの総称。
  • DCE(Data Circuit - terminating Equipment:データ回線終端装置)
    • 信号変換や符号化を行う装置の総称。
    • アナログ回線の場合はモデム、デジタル回線の場合はDSUが該当する。

[語呂合わせ]
モデム弟子(DCE)の、コンピュータだって(DTE)

  • CCU(Communication Control Unit:通信制御装置)
    • 文字の組み立て・分解・誤り制御を行う。
  • DSU(Digital Service Unit:宅内回線終端装置)
    • デジタル回線で使用され、信号や速度の変換を行う。
  • NCU(Network Control Unit:網制御装置)
    • 交換設備の制御を行う。

ネットワークハードウェア

 ネットワーク内でパケットを中継する機器には幾つかの種類がある。例えば、リピーター・ブリッジルーターゲートウェイと呼ばれるものである。

 これらは歴史的な流れから混合されて使われたり、同一視されてしまうものもある。 

リピーター

 リピーターとはパケット内のデータ内容に関与せずに、パケットを電気や光の信号と見なし、単にそのパケットを中継する機器である。単純にいえば、電流の増幅と整流のみ行う。イメージ的に、1本のホースにもう1本のホースを繋げるために、その間に存在する連結装置のようなものだ。もちろん、ホースの中を流れる水がパケットを意味する。この連結装置はあくまで連結だけが仕事で、水を調べたり、水の流れをせき止めたりはしない。

 LAN内で使われるケーブル(同軸ケーブルやツイストペアケーブル)の距離があまりにも長くなると、データが最後まで到達できない現象が起こることがある。なぜならば、ケーブルは信号(電気信号や光信号)を通る導体だが、若干抵抗が存在するので、途中で電気信号が弱まってしまうからである。これを解決するのがリピーターである。リピータは弱まった電気信号を正常にして、次のケーブルに流す。これによって、ネットワークが拡大したときでも、正常なネットワーク通信が実現できるわけだ。

 純粋なリピーターの他にも、リピーターハブと呼ばれる機器もリピーターの種類に分類できる。

 ハブというのは複数のコンピュータを同時に接続できるようにした機器である。

 リピーターの機能を持っているハブをリピーターハブという。ハブには他にもスイッチングハブと呼ばれるものもあるが、これは次のブリッジの種類に分類される。  

ブリッジ

 ブリッジとはパケットの先頭にあるMACヘッダの内容によって、パケットの宛先を判断して中継する機器である。

 例えば、スイッチングハブ(レイヤ2スイッチとも呼ばれる)はブリッジに分類される。また、単にスイッチと呼ばれる機器もブリッジに含まれる。 

ルーター

 ルーターとはデータ転送レベルのプロトコルヘッダの内容によって送り先を判断してパケットを中継する機器である。ここでいうデータ転送レベルのプロトコルとはTCP/IPプロトコルなどを意味する。

ゲートウェイ

 リピーター、ブリッジ、ルーターとは異なる方式でパケットを中継する機器の総称をゲートウェイと呼ぶ。 ゲートウェイは異なる方式のネットワークを結ぶために、アプリケーションレベルでデータを受信してから、再度それを送り直すという動きをする。

 ファイアウォール機器はアプリケーションレベルでパケットを判断して、パケットフィルタリングを実現したり、侵入検知を行うので、ゲートウェイの中に含まれるといえる。

参考文献

  • 『ポート番号のしくみ』
  • 『1週間で分かる基本情報技術者集中ゼミ【午前編】 2006春秋』