このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ノンバーバルコミュニケーション

  • ノンバーバルコミュニケーション(nonverbal communication)とは、非言語の情報伝達のことである。例えば、表情・身振り・手振りなどや、信号や標識などによる情報伝達などである。

 ノンバーバルコミュニケーションの考え方で重要なのは、状況によっては言葉でないものが、言葉と同じように物事を伝えることができるということ、つまりあらゆる物事が意味を持ちえるということである。

ノンバーバルコミュニケーションの種類

周辺言語

 言葉を話すときのその調子や話し振りのことである。例えば、同じ言葉でも語尾を上げたり下げたりするだけで、質問の意味になったり、反語的な意味になったりする。

 アルコール依存症と医師に関する調査によれば、医師の話し方や声の調子が、アルコール依存症の新患たちにしかるべき治療を受けるように説得することの成否に影響しているという。つまり、医師が患者に話す内容より、その話し方のほうが重要というわけである。怒りと苛立ちの感じが声にこもっている医師は患者の説得に失敗しがちであり、その反対に心配している感じが声に含まれている医師は患者の説得に成功しているということである。

ボディランゲージ

 意志を伝達するための身振り・手振りなどの体の動きのこと。

 ボディランゲージとノンバーバルコミュニケーションは同一のものと思われがちだが、そうではない。実際にはボディランゲージはノンバーバルコミュニケーションの一部でしかない。

 ボディランゲージには次のような要素がある。

    • 視線と目つき。
    • 「目は口ほどにものをいう」
  • 動作
    • 人体の姿勢や動きで表現されるもの。
    • ほとんどの動作はその文化によって意味することが異なり、場合によっては使われる状況によっても意味が異なる。
      • 例:人差し指と親指で輪を作ると、アメリカでは「OK」、日本では「お金」、フランスでは卑猥な意味での「女」を意味する。
  • 身体接触
    • 相手の身体に接触すること、またはその代替行為による表現。
      • 看護士が患者に足浴をすると、患者とのその後のやり取りがスムーズになることが知られている。
  • 対人的空間
    • 相手とどの程度の距離をとるかは、その人間との親密さを示すことになる。
      • パーソナルスペース

人体

 コミュニケーションの当事者の身体的特徴。例えば、性別・年齢・体型・年齢の色・体臭などは、相手のコミュニケーションに大きな影響を与え、それ自体がメッセージを持っている。

例:乱れた髪で肌につやのない人を見れば、誰でもその人は体調が悪いという情報を得る。

沈黙

 何もいわないことは、様々な意味を含むことがある。黙認・拒絶・不承認など。

時間

 文化的な時間の観念や生活のリズムは、対人的な関係に影響する。例えば、南米では30分や1時間の遅刻は遅刻に入らない。一方、アメリカでは重大な問題になってしまうだろう。

色彩

 色彩には様々な情報を持つ。「情熱の赤」「クールな青」「高貴な紫」など。

 また、色彩は人間の生理・心理に様々な影響を与えることがわかっている。

参考文献

  • 『はじめての看護理論』