このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

パリティメモリ

 パリティとは、数ビットのデータに対して、そのデータの1(または0)の数が偶数か奇数かを0と1で表現したものである。データのうち1ビットが転送途中で変化してしまった時、このパリティをチェックすることにより、そのデータをエラーを検出できる。パリティを付加したメモリをパリティメモリという。

 また、ECCメモリとは、ECC(誤り訂正符合)を付加したメモリで、データのエラーをチェックするだけでなく訂正する機能も持つ。

 パリティメモリやECCメモリはデータの信頼性が向上するため、高度な信頼性を要求されるサーバーに搭載されることが多く、一般のPCにはあまり搭載されない。

  • パリティメモリ
    • 8ビットのデータに対しての1ビットのパリティを付加してエラーを検出する機能を付けたメモリ。
    • エラーを訂正する能力はない。
  • ECCメモリ
    • 32ビットのメモリに対して7ビット、64ビットのメモリに対しては8ビットのECCメモリを付加したメモリ。
    • エラーを検出、訂正する機能を持つ。