このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

プラシーボ効果

1:感情が大脳辺縁系を通じ、内臓を司る視床下部に伝えられる。感情が不安といったものなら、マイナス・プラシーボ効果になる。

2:自立神経の過剰な興奮を促す。

3:甲状腺、胸腺肝臓髄質などのホルモンのバランスを促す。