このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

ホウネンエビ

  • シーモンキーとして有名。
  • 体長1.5〜2cmほど。
  • 初夏に水質のよい水田に現れ、産卵を終えると1ヶ月ほどで姿を消す。
  • 渦巻状に群遊する性質がある。
  • 雄は雌を触覚で固定して交尾する。
  • 卵は土中で乾燥・低温に耐えながら休眠し、水質が適した状態になると孵化する。
    • ホウネンエビは甲殻網無甲目に含まれ、これに含まれるブラインシュリンプのある種は1万年を経ても孵化することが放射性炭素測定でわかった。

参考文献

  • 『へんないきもの2』