このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

モニタプログラムに要求される機能

  • ステップ動作とブレーク操作
    • ステップ実行とはプログラムを1命令ずつ区切って実行させることであり、ブレーク操作とは指定した任意の番地(ブレークポイントという)で一時停止させることである。
    • これらの機能をモニタプログラムに持たせるには、CPUの強制割り込み実行を利用するための回路をCPU基板に追加する必要がある。

モニタプログラムのROMへの書き込み

 ROMライターを操作できるコンピュータが存在しない場合、モニタプログラムをROMに書き込む段階で若干問題になる。

  1. まず、デジタルスイッチなどを用いて手動でRAMにモニタプログラムを書き込む。
    • プログラムとプログラムの隙間には必ずFFh(8ビットの場合)のようにしておくこと。
  2. RAMに記録されているモニタプログラムをCPUで実行して、ROMライターを用いてROMにモニタプログラムを書き込む。

参考文献

  • 『ホビーエレクトロニクス マイコン回路の手ほどき』