このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ローカルルーター

  • Ethernetインタフェースを複数搭載しており、主にサブネットの分割に利用される。
  • 様々なプロトコルが用いられる社内LANでの利用を想定し、IPだけでなくIPX/SPX、AppleTalk、SNAなどのマルチプロトコルに対応することが多い。
  • 基本的に汎用CPUを用いてソフトウェアルーティングなどの処理を行うため、パフォーマンスが出ない。
    • そのため、100Mbps以上の高速なEthernet環境で用いるのには向いていない。よって、現在では高速でIPのルーティングに特化したレイヤ3スイッチに置き換えられつつある状況である。

参考文献

  • 『ゼロからはじめるスイッチ&ルータ 増補・新装版』