このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

ロールシャッハ法

・知覚とパーソナリティの関係を理解するために、精神科医Hermann Rorschachによって創案された。

・基底の人格構造を明らかにするために考案された投影法人格検査。

・想像力や創造性を研究するインクのしみ技法に由来する。

・5種類のスコアリングシステムが作られるが、Exnerの包括的システムが最も教授されており、心理測定論的にも堅固である。

・解釈は、被験者がどのようにしてその反応に到達したかに基づく。反応内容は副次的である。

 

ロールシャッハ法の改良

・ロールシャッハ法を正式に研究するための財団の創立

・標準化のための大規模なデータベース

・標準化された実施手続き

・一貫性のあるスコアリングシステムの開発

・独自のスコアリングカテゴリーの提案

・経験的データに基づいた解釈

・研究にあたって、年齢、性、IQ、そして社会経済的地位を統制した標本の採用

 

ロールシャッハ法の実施手続き

・Rorschachが選んだ10枚のインクのしみ原版が、標準版として今日も用いられている。

 インクのしみは各々ほぼ左右対称で、約17×24cmの板紙の中央に配置されている。

・5枚のカードは無彩色、即ち黒白のカード(I、IV、V、VI、VII)。残りの5枚は有彩色、即ち色彩カード(II、III、VIII、IX、X)。

 カードIIとカードIIIは、黒と赤のみである。

 

ロールシャッハ法の主要なスコアリングカテゴリー

  • 反応領域
    • 反応を形成するために、インクのしみのどの領域が用いられたのか?
  • 決定因
    • インクのしみのどのような特徴が、何に見えるかを決定したのか
  • 形態水準
    • 当該の反応がインクのしみのその領域に、どの程度適合しているのか?
  • 反応内容
    • 何を見たか?
  • 平凡反応と独創反応
    • その反応や概念が、他の被験者にも、どの程度共通して見られるものであるか?
  • 組織化活動
    • 被験者が刺激野を組織化する機能を、どの程度働かせているかを表している。

参考文献

  • 『基本からのロールシャッハ法』