認知的不協和の理論

  • アメリカの社会心理学者のフェスティンガーが提唱した。
  • 人間の認知、即ち知覚・判断・信念・価値観・態度・自分がある行動をしたという知識などは、できるだけ、互いに矛盾なく、調和を保とうとする傾向がある。
    • この傾向があるために、ある行動を行わせると、その行動に合わせて、不協和を減らすために思想・感情・信念が変わってくる。

参考文献

  • 『説得の科学』