このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

実験

ICトレーナーCT-312利用による10進カウンタ

 ICトレーナーCT-312を使って、10進カウンタの実験をしてみた。

 ここで使うカウンタICはTC4518BP(実際にキットに含まれていたのはなぜかMC14518BCP)である。

 電源スイッチをオンにした後、SW2をLにする。次に、SW1を上下に切り替える。すると、LEDは左側のL1から順に点灯、消灯して、2進数表示をする。10進数の9を意味する1001を表示した後は、0000に戻る。つまり、10進カウンタということになる。

 SW1を切り替えて、LEDが光っている様子の動画はこちら