このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

7セグメントディスプレイ(7セグメントLED)

 7セグメントLED、は発光ダイオードを数字の表示用に配置した特殊パーツである。中身は7個の発光ダイオードが内蔵されているだけで、使い方が異なるわけではない。

 7セグメントLEDは次の画像のように光る部分にa〜gと名前がついてきて、その中身は片方が繋がった配線になっている。

アノードコモンとカソードコモン

 アノードが繋がったタイプはアノードコモン、カソードが繋がったタイプはカソードコモンと呼ばれる。いずれにしても、専用の駆動ICがあり、簡単に発行させることができる。

7セグメントLEDの実験

実験1

 単純に抵抗を挟んで繋いでも光る。つまり、LEDが7個対応していると解釈できる。

実験2

実験3

 ICトレーナーCT-312を用いて7セグメントドライブ回路の実験をした。

 カウントしたパルスの数をBCDとし、それを4本のLEDで表示することはできるが、ここでは7セグメントLEDにより我々にわかりやすい10進数で表示させる。7セグメントLEDで10進数表示させるためには、7セグメントドライブIC(ここではTC4511BP)が必要となる。このICはBCDを入力して、これを10進数として7セグメントLEDを点灯するための信号に変換してくれる。

 SW1を切り替えて、数値が上がっていく様子の動画はこちら