このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

M2PK2400 DCモーター・コントローラー

  • このキットは、PWM(パルス幅変調)技術を用いて電力制御を行い、直流モーターの回転数を制御する。
  • 付属モーターは5,200回転が最高回転数である。
  • 制作時間:30分

部品表

  • コンデンサ
    • セラミックコンデンサ:0.1μF×3個
      • 104
    • 電界コンデンサ:2.2μF
  • 抵抗器
    • 33KΩ
    • 150KΩ
    • 10KΩ
    • 2MΩ
    • 100KΩ×2個
    • 6.8KΩ
    • 1KΩ
  • ボリューム
    • 10KΩ
  • FET
    • K1010
  • IC
    • オペアンプ
      • 2904D
  • LED
  • ダイオード
    • 4148×4個
  • モーター
    • "2008-02-19 第4版"の取扱説明書に数量が3個となっているが、実際には1個が正しい。
  • スイッチ
  • 電池ケース
  • ICソケット
  • リード線
    • モーターと基板を繋げるために使う。
  • 基板

完成図

  • モーターの回転が分かりやすいように、プロペラを用意した。
    • 使用したプロペラは「シータスク社製 プロペラ 三枚羽根」(直径約80mm、適合シャフト径2mm、価格:\89)である。

回路図

回路の仕組み

PWM回路

  • OPの2904を比較器(コンパレータ)として用いて、PWM回路を実現化している。
  • 幅の広い正のパルスではモーターは速く、幅の広い負のパルスではモーターは低速で回転する。
  • モーターが回転中、モーターから信号を取り出し、抵抗とコンデンサによる処理後、JRC2904に比較信号としてフィードバックする。
    • VRを調整し、入力電圧が上がると、出力電圧パルスは変調され、モーターの速度は高速から低速まで変化する(電圧が1.2V以上のときはモーターは停止する)。
    • VRを調整し、入力電圧が下がると、出力電圧パルスは変調され、モーターの速度は低速から高速まで変化する(電圧が1.2V以下になるとモーターは回り始め、0Vで最高速になる)。