このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

Tフリップフリップ

  • L→Hの立ち上がりがTから入ると、出力QもL→HかつH→Lとなる。 ̄QはQと逆である。つまり、Qと ̄Qが交互にT,Lになる。
  • ICの74LS73の中にあるJKフリップフロップを代用して、Tフリップフロップを作ることができる(Tフリップフリップそのものが販売されていない)。

Tフリップフロップ利用によるパルス数を2進数に変える

 次のように2段重ねると、Q1とQ2の出力は2進数に対応する。Tフリップフロップを2段にすると、入力パルスが4個まで2進数表示できる。

T1入力Q2出力Q1出力2進数
0000
1011
21010
31111
400100
  • 1段のTフリップフロップ回路を通るたびに、パルスの数は半分ずつ減っていく。
  • 10進数の0〜9を表すには、Tフリップフロップ回路を4段にすればよい。

Tフリップフロップの状態遷移図

Tフリップフロップの状態遷移図