このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

目次

TeXファイルからPDFファイルに変換

WinShellで一般変換

1:メニューの「オプション」>「全般」>「主なTeXプログラムの設定」タブを選択する。右のプログラムという部分のプルダウンメニューでPDFLaTeXを選択して、次のように設定を行う。

 そして、PDFViewを選択して、次のように設定を行う。

2:メニューのPDFLaTeXアイコン(画像の赤で括ったところの左のアイコン)をクリックすることで、TEXファイルが存在するディレクトリにPDFファイルが生成される。この際、何もウィンドウなどが表示されずに待ち状態になるが、気にしないこと(特に読み込み画像が多いほど待たされる)。

3:メニューのPDFViewアイコン(画像の赤で括ったところの右のアイコン)をクリックすることで、ステップ2で作成したPDFファイルがAcrobat Readerに読み込まれる。

[注意]gswin32cの存在するディレクトリのパスが、環境設定のPATHに設定されていないと、WinShellやdvioutでPDF変換したときにEPS画像の部分だけがうまく表示されない。

 PATHの設定をしたら、コマンドプロンプトを起動し直して、次のように入力して確認する。

> gswin32c -h

 きちんとヘルプが表示されていればパスが通っている証拠である。OSのバージョンによっては再起動(アカウントのログオフでも可)しないと環境設定が反映されないこともあるから注意。 ◇

dvioutのニコニコマークで変換

1:メニューの「View」>「Change Tool Buttons」を選択すると、ニコニコマークのアイコンが表示される。

2:ニコニコマークのアイコンをクリックするとPDF化のウィンドウが表示される。

 dviprt,dvipdfm (not),View PDFの3つのチェックボックスにチェックを入れて、[OK]ボタンを押す。

3:すると、Acrobat Readerが立ち上がってPDFファイルが表示されるはずである。

[注意]もしPDFファイル内のEPS画像の部分がうまく表示されていなかったら、gswin32cのパスが環境設定に反映されていない可能性が高い。対処方法は上記を参照。

GSViewからコンバート

1:TEXファイルからPSファイルに変換する。これはWinShellのアイコン(DVIPS⇒GSView)から可能。

2:GSViewできちんと表示されていることを確認したら、メニューの「File」>「convert」を選択する。

 「Convert」ウィンドウが表示されるので、「Device」のところで「pdfwrite」を選択する。そして、[OK]ボタンを押す。

 すると、ファイルの保存場所とファイル名を確認してくる。このときに、拡張子も手動で指定すればよい。

[補講]GSviewで日本語の部分が表示されていないときは、[Options]→[Advanced Configure...]を選択し、[Ghostscript Options:] の末尾に半角スペースを入れてから「-dWINKANJI」を追加する。これで日本語がGSviewで正常に表示できるようになる。 ◇

[考察]dvioutやWinShellでPDFファイルに変換したらEPS画像が表示されないという問題を解決していなくても、この方法だとgswin32cを用いていないため普通にうまくいく。 ◇