このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*カリウム [#e51ca600]

-元素名"Kalium"の語源は、[[アラビア語]]の"kaljan"(灰)であり、カリウム化合物である[[炭酸カリウム]]が木の灰から水で浸出して、製造されたことによっている。
--アラビア錬金術の影響である。
-英語名は"Potassium"。
--炭酸カリウムを"pot-ashes"(壺-灰)と呼んだことに由来している。
---灰を水で浸出した液を壺で煮詰めて、炭酸カリウムを製造していたためである。
-[[イギリス]]のデービーによって、1803年に電気分解により初めて金属として単離された。
-カリウムイオンKSUP{+};は、筋肉の活動や神経細胞における情報伝達のために不可欠である。
--人間は一日2〜4gのカリウムを摂取しなければならない。
---不足すると、心臓の活動が低下するなどの影響がある。
-カリウムは野菜に多く含まれている。
-カリウムは植物の灰に多い。

*参考文献 [#q2742d4f]

-『現代の化学』
-『元素はすべての元祖です』