このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#md552ef6]

#contents

*デザインパターンの意義 [#q6c218c7]

-より機能的かつスマートにシステムを構築できる可能性がある。
-オブジェクト(クラス)を効率よく再利用することができる。
--個々のオブジェクトの再利用性だけを考えるのではなく、いくつかのオブジェクトを組み合わせた複合部品としての再利用性を考える。
-どのデザインパターンに当てはまるのかを検討し、適切なパターンをうまく応用することでシステムの設計・開発にかかることを削減できる。
-複数人の開発者の間での意思疎通が楽になる。
--GoFのデザインパターンは、既存のパターンの中から代表的なものを選び出したものである。よって、GoFのデザインパターンという言葉が存在する前から、そのパターンは存在していた。しかし、その頃はパターンに名前がついていなかっため、漠然とした概念であったり、複数人の開発者の間でその概念を共有するのが難しかった。


*各デザインパターン [#z7d34e33]

-生成に関するパターン
-生成に関するパターン:色々な用途にあったオブジェクトを生成してくれるパターン
--[[Abstract Factoryパターン]]
--[[Builderパターン]]
--[[Factory Methodパターン]]
--[[Prototypeパターン]]
--[[Singletonパターン]]
-構造に関するパターン
-構造に関するパターン:様々な問題を解決するべく考え出されたシステムを構成するためのパターン
--[[Adapterパターン]]
--[[Bridgeパターン]]
--[[Composeiteパターン]]
--[[Decoratorパターン]]
--[[Facadeパターン]]
--[[Flyweightパターン]]
--[[Proxyパターン]]
-振る舞いに関するパターン
--[[Chain of Responsiblityパターン]]
--[[Commandパターン]]
--[[Interpreterパターン]]
--[[Iteratorパターン]]
--[[Mediatorパターン]]
--[[Mementoパターン]]
--[[Observerパターン]]
--[[Stateパターン]]
--[[Strategyパターン]]
--[[Template Mathodパターン]]
--[[Visitorパターン]]