このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
現在コンテンツの一時公開停止中です。
//*目次 [#hf3f95a7]
//
//#contents
//
//*ピッキングとは? [#o2074260]
//
// ピックとテンションと呼ばれる棒状の道具を使って鍵を開けることをピッキングといいます。例外として電動ピックガンと呼ばれる道具や特殊鍵専用の道具なども存在します。基本となるのはこのピックとテンションの2種類の道具なので、次の話を読みしっかり理解しておきましょう。 
//
// 
//*ピックとテンション [#ddbe6cce]
//
// 簡単にいえば、ピックは鍵内の凸凹を押す道具、テンションはシリンダーを回す道具です。
//
//
//*ピック [#q872d1b0]
//
//・''ピック''とは、タンブラー(下ピン)を押し上げてシアラインを揃えるための道具です。つまり、キーの鍵山の代わりになるわけです。
//
//・[[動画1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/tools.mpg]]
//
//・ピックやテンションの応用方法は後述する。
//
//#ref(bluerake.gif,center)
//
// ピックには様々な形状のものがあります。先端の形に着目してください。自分の好みと鍵のタイプ(開錠方法)によって使い分けます。例えば、レーキング(ガリガリやって開ける方法。詳細は後ほど解説する)をするときには波のようにうねっているピックを用いた方が効率がよくなります。
//
//**フックピック [#d3877917]
//
//#ref(pick1.gif,center)
//
//・主にピンタンブラー錠に使用するピック。~
//・汎用性があり、必携。
//
//**ダイヤモンドピック [#hfdbb550]
//
//#ref(pick2.gif,center)
//
//・ピンタンブラー錠とディスクタンブラー錠に使う。~
//・最も利用頻度が多く、汎用性の優れた便利なピックといえる。~
//・様々なサイズの物を用意できるのが理想。
//
//**ボールピック [#x015403f]
//
//#ref(pick3.gif,center)
//
//#ref(pick5.gif,center)
//
//・ダブルディスクタンブラー錠を開けるのに適したピック。
//・その他の錠にはあまり向かない。 
//
//**異物取り [#pb23c7b7]
//
//#ref(ibutu.jpg,center)
//
//・鍵穴に物(ゴミであったり、鍵やピックの破片など)がつまってしまって、ピッキングができなくなったとき、ゴミを取り出すために使う。 
//
//**レークピック [#nd6b7231]
//
//#ref(pick7.gif,center)
//
//・ディスクタンブラー錠専用のピック。
//・レーキングに用いる。 
//
//**ロッカーピック [#sdc6a47d]
//
//#ref(pick11.jpg,center)
//
//・先端が複数のランダムな深さを持つ。
//・このピックを入れて軽くこするだけで、偶然にシアラインが揃うこともある。
//・サイドバー錠の開錠にも使われる。
//
//*テンション [#kd56fbbf]
//
//・テンションとは、内筒を回転させるためのツールです。実はそれだけではなくピンが落ちることを防ぐという大事な役目もあります(これは後で詳しく説明しています)。 
//
//・テンションの先っぽを鍵穴に引っ掛け、ピックでがちゃがちゃやりながら、このテンションを開いている小指などで軽く回します。うまく凸凹が水平になれば、ぐるりとテンションが回るわけです。 
//
//・一言にテンションといっても様々なタイプがある。
//
//#ref(tension4.jpg,center)
//
//**ピンテンション(L型レンチ、L型テンション)←図の´ [#b69a08f6]
//
//・L型の形状で、最も基本なテンション。
//
//・単にテンションレンチ(テンション)といったらこれを指すことが多い。
//
//・ひっかけるところが薄くて長いものが多い。
//
//・基本的な錠は、このテンションで対応できる。
//
//・L型テンションを細かく分類すると次のようになる。
//
//#ref(o3.jpg,center)
//
// ,鉢△楼貳姪なテンションレンチ。鍵の隙間に差し込む先端の長さが異なることわかるだろう。 
//
// はテンションレンチだが、途中で90度ねじれている。比較的強度が高い。
//
//**Z型テンション(ダブルサイドテンション) ←図の [#v59094e9]
//
//#ref(ztension.jpg,center)
//
//#ref(dsp.jpg,center)
//
//
//・両端に短い引っ掛けがあるテンション。
//
//・ピンテンションより厚みがあるので、曲がりにくい。
//
//**チューリップシェイプテンション ←図のき [#b7178182]
//
//・L型テンションの場合、ドアの部のくぼみが深いと、鍵穴に届かないことがある。これではピッキングが不可能。そこで、開発されたのがチューリップシェイプテンションである。
//
//・独特な形状をしているため、ドアノブが深くてもテンションをかけることができる。
//
//**フェザータッチテンション ←図の [#j60045ae]
//
//・内側に力がかかりすぎてしまうのを防ぐために使うテンション。
//
//・スプリング構造になっている部分が、加えた力を吸収する仕組みになっていて、簡単に適切な回転力を内筒に加えることができる。
//
//・スプールピン、マッシュルームポンという特殊な部品を組み込んだ錠用のテンション。
//
//**ダブルディスクテンション(ダブルサイドテンション) ←図のΝЛ [#ca4b14ec]
//
//・ダブルディスクタンブラーで使用することを前提に作られた専用テンション。
//
//・はピンセット型テンション。
//
//
//**ユニバーサルテンション(ドラゴン) [#hdcf601c]
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/doragon1.jpg)
//#img(,clear)
//
//・世の中のありとあらゆる錠に使えることを最大の目的として設計されたテンション。
//
//・とても持ち運びしやすいように設計されており、財布に入るぐらいの大きさのようだ。
//
//・売っている場所を見たことない。かなり欲しい。自作は結構難しそうだ。
//
//・これひとつで、6つの異なるテンションとして使用できます。それぞれがピンタンブラー錠、リムシリンダー錠、ダブルウェハース錠、オートロックに対応している。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/doragon2.jpg)
//#img(,clear)
//
//・Dragonの足は、リムシリンダー錠の解錠においてのとき握る部分にあたる。
//
//・Dragonを作るためには、厚さ0.035インチのステンレススチール板を用意する。上の画像のプリントパターンを板に貼って、ラフにカットする。そして、形をきれいに整えながら仕上げていく。
//
//
//**丸型テンション(トルクテンション) [#nd76487d]
//
//・ドーナツ型をしているトルクテンションは鍵穴に固定して使う。外枠を開錠方向に回すとテンションがかかる仕組みになっている。
//
//・丸型という形状なので作業の際に場所を取らず、何より微妙な力加減を加えやすくなっている。
//
//・ちょっと高額.。3〜6k。
//
//・内蔵されているスプリングがテンションの加減を最適な状態にしてくれるので、数あるテンションの中でも最も操作性のよいテンションといえる。ただし、スプリングが内蔵されていなかったり、錠に固定するひっかけにもスプリングがないタイプもある。こうした不便なタイプのトルクテンションは大抵安い。安いといっても3kぐらいだが…。
//
//・ディスクタンブラー錠に有効。
//
//
//**I-Coreテンション [#o7e6a221]
//
//#ref(icore.gif,center)
//
//・I-Coreテンションはかなりマニアックなテンションである。
//
//・ギザギザが付いており、キーウェイの奥までテンションの先を入れる必要がなく、自分の好きな長さを差し込むことができる特性を持つ。
//
//・Tom Lynchによって開発されたテンションである。
//
//・厚いタイプと薄いタイプがあり、それぞれ15ドル前後で売られている。普通のテンションより数倍高い。
//
//・次に使用例を示す。
//
//#ref(icore2.gif,center)
//
//**テンションのセット [#eacd4277]
//
//・ピッキングツールのセットにはテンションが数本含まれているが、基本的にL型テンションとZテンション、またはピンセット型テンションだけである。テンションだけをいっぱい欲しい場合は、テンションセットを購入するとよいだろいう。 
//
//#ref(tension3.gif,center)
//↑「U-BEND-IT Assorted Tension Wrench Set」。実売価格22ドル前後。
//
//・タイプAは薄いタイプで、タイプBは厚いタイプである。
//
//
//*様々なピックとテンション [#uffccb57]
//
// ピックセットには、数本のピックとテンション1本(予備がもう1本とか)の組になっているのが普通である。最悪でも、自分の慣れているピック1本とテンション1本でもなんとかなるはずだ。
//
//**万能ナイフのようにピックが収められているピッキングツール [#bb3ba87f]
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image2/203114.jpg)
//#img(,clear)
//
//
//**ピッキングツールセット(MDPK-60) [#u6eed859]
//
//・私もこれを使っています。プロ用だからちょっと高い。
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image2/MDPK-60.jpg)
//#img(,clear)
//
//
//*終わりに [#mcec2068]
// もちろんこれ以外にも様々な状況に合わせたツールも存在する。それらは各々のページで随時紹介する予定である。~
// とりあえずピックとテンションは一番基本となる物であり、この2つがセットでピッキングが行われる。