このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#h3920bc3]

#contents


*マグネティックロック(電子錠、エレクトロニックロック) [#i6cb3e38]

・磁気カードを用いた錠の場合、磁気カードリーダーとドアのラッチとの連動は次のようになっている。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/mag.jpg)
#img(,clear)


*最もシンプルなマグネティックロックの解錠 [#df686c1f]

・全体の75%はこのタイプ

・このタイプの鍵は少々複雑で、解錠するには電気について詳しくないとちょっと困難です。 

・このタイプの鍵の解錠には、次のような道具を用います。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/jiki1.jpg)
#img(,clear)

 磁気フィールドのすばやい切り替えは、隔離された磁気ワイヤーのコイルと電源によって生成されます。 

・次の道具はさらに発展させたタイプのキー解除ツールです。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/jiki2.jpg)
#img(,clear)

 ICを用いるので小型化でき、スイッチの切り替えを自動的にやることができスマートです。 

 2つの9Vのトランジスタバッテリを用います。


*磁気カードロックの解錠 [#uc806c60]

・いくつかのマグネティックロックは、コントロールエントリーにマイクロプロセッサを含む電子回路を使っています。 

・これは、仕事場やホテルのドアといった共通の使用するユーザーが出入りする場所で使われています。 

・磁気カードロックの構造は次のようになっています。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/jiki4.jpg)
#img(,clear)

 細長いアウトプットの変換機(ホールエフェクトセンサー)は、カードから磁気フィールドをピックアップします。 

・このタイプの鍵を解錠するには、次のようなシステムを用います。これは、ランダムなノイズを生成する機械です。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/jiki3.jpg)
#img(,clear)

 うまく配線すれば、マッチの箱にちょうど収まるようにすることができます。 

 24Vのソレノイズコイルを動作させ、磁気フィールドをランダムな周波数で絶え間なく振幅させる。 

 Q1にはNPNトランジスタを取り付け、シグナルが生じます。そのシグナルはIC741(アンプリファー)によって増幅されます。それにより、ピックコイルので磁気フィールドを生成します。 

 バッテリーパックは単に10サイズAAで、1.5Vの電池を直列にしてもよい。 

 SW1はプッシュボタンスイッチで、押したり離したりを絶え間なく繰り返す。 

 分圧器R4はそのフィールドの強さをコントロールします。


*改造ドリル利用によるマグネティック南京錠の解錠 [#f02569d2]

・マグネティック南京錠(magnetic padlock)は、次のような仕組みになっている。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/mag2.jpg)
#img(,clear)

・ドリルで磁石を高速回転させて、マグネティック南京錠のマグネティック鍵を当てる場所に当てることで、内部のピンを一致させて、南京錠を開錠することができる。この改造ドリルを''マグネティックピックガン(magnetic pickgun)''と呼ぶことにする。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/mag3.JPG)
#img(,clear)