このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#f30ceac5]

#contents


*グラフィックソフト [#u4513e9a]

 ''グラフィックソフト(グラフィックソフトウェア)''とは、画像を扱うソフトの総称のことである。

 そのグラフィックソフトは画像の扱い方によって、2つに大別される。ひとつはピクセルの集合で構成された画像(ビットマップ画像)を扱うソフトであり、これを''ペイント系ソフト''と呼ぶ。もうひとつはベクトルデータで構成された画像(ベクトル画像)を扱うソフトであり、これを''ドロー系ソフト''と呼ぶ。

例:

-ペイント系ソフト
--Adobe Photoshop
-ドロー系ソフト
--Adobe Illustrator


*画像の拡大・縮小 [#m0e7c4b2]

**拡大 [#g5d93970]

**縮小 [#r2792ebc]

 デジカメでとった画像のサイズを小さくしたい場合は、Photoshopか、Paintshop Pro、Painter、Happy Paint32を使うとよい。


*各種画像フォーマット  [#xfbe6558]

-[[PICT]]
--Macの標準フォーマット。
-[[TIFF]]
--圧縮機能を付与すると幾つかの派生フォーマットがある。
--CMYKで保存可能。
-[[GIF]] 
-[[JPEG]]
--圧縮率1/5〜1/250程度。
--圧縮率を上げると画質が悪くなる。
--JPEGには方言があるが、ほとんど互換性がある。 
-[[BMP]]
-[[EPS]]
--印刷関係で使われる。
--CMYKの4色分解データが取り扱える。
--アスキーコードで保存可能。
--256色カラーやRGBフルカラーにも対応。 
-[[モーションJPEG]]
--JPEGとは互換性がない。
--S-VHS以上の画質が再現できる。
--JPEGをTVのように1/30秒ごとに連続再生することにより可能にしている。


*画像形式の変換 [#k05f376c]

**BMPをEPSに変換 [#hb6e5b79]

 $ cat hoge.bmp | bmptoppm | pnmrotate | pnmtops > hoge.eps

 複数のBMPファイルを一気にEPSファイルに変換したければ、次のようにシェルスクリプトを併用するとよいだろう。 

 $ foreach i (*.bmp)
 > foreach? set j=`echo $i | sed -e 's/bmp/eps/'`
 > foreach? cat $i | bmptoppm | pnmtops > $j
 > foreach? end

 しかし、上記の方法だと勝手に画像の90度回転したようになる。なぜならば、pnmtopsコマンドは、ページにあわせて画像を適当に回転させるからだ。そこで、この回転をさせないためにオプション-noturnをつけて実行するとよい。 

 $ cat hoge.bmp | bmptoppm | pnmrotate | pnmtops -noturn > hoge.eps


*スクリーンショットを撮る [#n658061f]

-MacOS 8
--[Command]+[Shift]+[3]で画面全体
--[Command]+[Shift]+[4]で任意の場所
-Windows
--[PrintScreen]キーで画面全体
--[Alt]+[PrintScreen]でウィンドウ単位