このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#o9126a4b]

#contents


*公害の徴候 [#o3a0e832]

 人よりも先に動物など自然界に異変が現れてくる。それよりも先に労働者に影響が出始めるが、工場内での出来事はなかなか外に伝わらず、隠蔽されることが多い。よって、公害の多くは労災被害が工場の外に波及したのが原因であると言える。

例1:[[水俣病]]が新しい病気として公式に確認される以前から、人に奇妙な病気が現れていた。さらにそれよりも数年前に、水俣湾では奇妙なことが起こっていた。死んだ魚群が潮目に浮いていたり、魚が失明して岩壁にぶつかり、海鳥が空を飛べずに落下したりした。水俣湾奥の漁村では浜にイリコを干しており、それを食べた猫が手を逆立ててぐるぐる回り、挙句には突進して飛び込んだり、狂って死んでいった。ついには村中の猫が死んでしまい、山手の村から猫をもらってきても皆死んでしまった。猫がいなくなったことから、昭和29年には鼠が大発生し、住民が役場に鼠の駆除剤の支給を求めたという記録も残っている。魚を餌として与えられていた豚も死んでしまう。


*公害と基本的人権 [#kfdd4c38]

 2001年の国連人権委員会年次総会で「化学物質に汚染されていない世界に住むのは基本的人権のひとつである」という結論が出た。今までは本当に危険かどうか、被害を受けているかどうかを証明しなければならなかった。しかし、今では「汚染されていない世界に住むのが当然である」というように軸足が変化してきたのである。


*参考文献 [#kb6ca5e3]

-『くらしの中の化学物質 リスク削減のために』