このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
|34|hp製複合プリンタ「PSC700」の分解|・大掃除のついでに部品取り。&br;・[[写真1:http://security2600.sakura.ne.jp/main2/image1/CIMG1088.JPG]]、[[写真2:http://security2600.sakura.ne.jp/main2/image1/CIMG1089.JPG]]|・101-pc.特殊ビットセット(特殊ネジだったため)&br;・ラチェットドライバー|○|2006年12月|
|33|[[ピカッ]]|電波を受信の確認実験。|『電波と遊ぼう』の付録|◎|2006年11月|
|32|[[ブレッドボード利用によるRS-FFの実験 その2:http://akademeia.info/index.php?RS%A5%D5%A5%EA%A5%C3%A5%D7%A5%D5%A5%ED%A5%C3%A5%D7#jcd061ce]]|サイト更新のネタ用に改めてやってみた。|本の回路→ブレッドボード|○|2006年10月|
|31|琥珀の研磨|・「みがきっこ」というキットを利用。&br;・簡単だけど、時間が結構かかるし、しんどかった。|[[みがきっこ]]|○|2006年6月|
|31|「琥珀」の研磨|・「みがきっこ」というキットを利用。&br;・簡単だけど、時間が結構かかるし、しんどかった。|[[みがきっこ]]|○|2006年6月|
|30|雪だるまのスノードーム|・ビーズキット挑戦2回目。&br;・帽子をうまく編むことができなかった。&br;・帽子は諦めて台座に組んだが、水が入っているものなので、ちょっと危険。実際、水を入れ替えているときに、ひっくり返してしまい、ラメを含んだ水が机に流れてしまった。手にはラメがくっつくし、なかなか掃除しにくい。&br;・洗剤を少し精製水に入れると書いてあるが、本当にちょっとだけでいい。多いと濁りが濃くて雪だるまが見えない。|・平ヤットコ&br;・丸ヤットコ&br;・ニッパー&br;・精製水(薬局で100円以下で売ってる)&br;・瞬間接着剤&br;・ガラス用接着剤|△|2005年12月|
|29|シャッター錠の解錠|・ピッキングの実演。&br;・詳細は[[シャッター錠]]を参照せよ。|・シャッター錠&br;・ピッキングツール(ダブルサイドテンションとダイヤモンドピック)&br;・文化シャッター回し|◎|2005年12月|
|28|ガーネットとスワロフスキーのネックレス|・ビーズキットの初挑戦。&br;・丸ヤットコの使い方がまだ慣れていないので苦戦。&br;・難易度レベルは★3つとなっていた。&br;・[[画像1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kit1.jpg]]、[[画像2:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/kit2.JPG]]|・平ヤットコ&br;・丸ヤットコ&br;・ニッパー|○|2005年12月|
|27|電動ピックガン利用によるピンタンブラー錠の開錠|ピッキングの実演。&br;・詳細は[[電動ピックガン利用によるピンタンブラー錠の解錠:http://akademeia.info/index.php?%A5%D4%A5%F3%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#c4db5259]]を参照せよ。|・練習用ピンタンブラー錠ドック&br;・電動ピックガン|◎|2005年11月|
|26|ピックガン利用によるピンタンブラー錠の開錠|・ピッキングの実演。&br;・詳細は[[ピックガン利用によるピンタンブラー錠の解錠:http://akademeia.info/index.php?%A5%D4%A5%F3%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#ef51153e]]を参照せよ。|・練習用ピンタンブラー錠ドック&br;・手動式ピックガン|◎|2005年11月|
|25|KWICKピック利用によるピンタンブラー錠の開錠|・ピッキングの実演。&br;・KWICKピックとはペン型のピッキングツールである。&br;・詳細は[[KWICKピック利用によるピンタンブラー錠の解錠:http://akademeia.info/index.php?%A5%D4%A5%F3%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#e7ea1e33]]を参照せよ。|・練習用ピンタンブラー錠ドック&br;・KWICKピック|◎|2005年11月|
|24|[[Mizuho RX-123D]]|・1台で3種類(スパイダーコイルのゲルマラジオ、1石トランジスタラジオ、高感度ワンチップICラジオ)のラジオ工作が楽しめるピコラジオ。&br;・線が切れてしまいアンテナ作るのに失敗。それ以降作っていない。|キット(Mizuho)|×|2005年8月|
|23|[[K23 Crystal Radio]]|・電源不要のゲルマニウムラジオ。&br;・付属のイヤフォンではうまく聞こえなかったので、別のクリスタルイヤフォンに変更したがそれでも聞こえなかった。&br;・回路的に間違えてないので(部品が少なすぎて間違えようがない?)、アースを追加してみようかと思う。|キット(AVIOSYS)|×|2005年8月|
|22|[[ライントレーサー]]|ブレッドボードを搭載しているため、回路を実験することができる。|本の回路+オリジナル本体|○|2005年8月|
|後で追加||||||
|16|[[点発珍GT LED-55GTB]]|東急ハンズで購入。|キット(ワンダーキット)|○|2005年8月|
|後で追加||||||
|3|電波時計キット|部屋の場所によって電波が入らないこともあるので注意。|キット(秋月電子)|○|2003年|
|2|ヲヂラ|見た目もレトロな感じで、電子回路が剥き出しな点も自分好み。|キット(エスケイ電子)|○|2003年|
|1|[[PICNIC]]|初めての秋月電子のキット。初めてハンダごてを握ったにしては上出来。若干細かい配線などもあり、配線数も結構あるので、動いた方が奇跡?|キット(秋月電子)|○|2003年|