このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
*目次 [#x928a7be]

#contents


*斉藤一【さいとうはじめ】 [#t41e079b]

-1844年、播州明石藩の幕臣の次男坊として[[江戸]]に生まれた。
-会津藩出身の父親の影響を受けて、幼少期から会津藩と交流を持っていた。
-元服後は京都の会津藩江戸屋敷の道場で一刀流を学び、腕を上げていく。
--無外流
-[[松平容保]]【かたもり】が京都守護職に任じられ上洛すると決まったことにより、斉藤も上洛することを決意する。
--容保に、[[新撰組]]に入隊してその動向を報告して欲しいと指示されたという説がある。つまり、会津藩による新撰組に対する[[スパイ]]である。新撰組に入隊するときに山口から斉藤と姓を改めた。
--スパイといっても、新撰組にとっても大きな活躍をしており、重要な存在であった。
---窮乏している新撰組に給金が支払われるように、取り計らったこともある。
---土方は斉藤と会津との関係に気付いていたとされる。
-新撰組に参加した時期は、浪士組が京に残留した直後である。
--それからすぐに副長助勤、続いて三番組組長、剣術指南方といった幹部に22歳で任じられている。これは当時の沖田総司よりも若かった。
--入隊早々から新撰組最年少幹部に据えられたのは、会津方の推挙があってのことだが、実力が伴っていた。新撰組最強といわれる[[沖田総司]]や[[長倉新八]]に並ぶぐらいであったという。
-池田屋事件で活躍し、報奨金17両を受け取る。
-近藤の命により、薩摩藩と密通の疑いがあった[[武田観柳斎]]を暗殺する。
-七番組組長の谷三十朗を暗殺。
-長州藩の間者であった御蔵伊勢武【みくらいせたけ】と荒木田佐馬之亮【あらきださまのすけ】の暗殺にもかかわったといわれている。
-斉藤は新撰組内でも監察や内偵などの仕事を任されるようになった。
--[[伊東甲子太郎]]らと一緒に新撰組を脱退し、御陵衛士に参加した。
---これは土方の指示であり、新撰組による御陵衛士に対するスパイであったわけである。
---斉藤の内部情報により、新撰組は伊東甲子太郎の暗殺に成功する(油子路の変)。
---伊東甲子太郎の暗殺の直前に、斉藤は御陵衛士を脱退して、ほどなく新撰組に復帰している。
-[[戊辰戦争]]の際は、会津のために斉藤は白河口の戦いや、母成峠の戦いに参加する。
--会津藩が降伏した後も、斉藤は如来堂に立てこもり抗戦を続けていた。容保の使者により、投降するように促される。
-投降後は捕虜となった会津藩士らと共に謹慎を送り、維新後は斗南藩士として旧会津藩に尽くした。
-その後、容保の上仲人で会津藩の名門の娘の高木時尾【たかぎときお】と結婚する。
--このとき、容保から藤田五郎【ふじたごろう】という名を授かっている。
-「山口次郎」「一戸【いちのへ】伝八」「藤田五郎」と3度も改名している。
-東京へ移住してからは警察官となり、潜入捜査で活躍。
--警部まで昇進。
-1877年の[[西南戦争]]には抜刀隊の一員として参加して、薩摩兵を圧倒する。
--薩摩陣地を奪うという手柄を立てた。
-警視庁退職後は東京教育博物館の看守を勤める。実際には看守というより剣道の教師であったらしい。
-1915年に没する。享年72歳であった。
--現在は福島県会津若松市の阿弥陀寺に眠っている。


*参考文献 [#w1e3b143]

-『メッタ斬り!歴史異聞録 幕末の真相へ!』
-『幕末入門』
-『「幕末の志士」がよくわかる本』