このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*目次 [#p6e03de9]

#contents


*平等院鳳凰堂 [#z1916449]

-藤原頼通【よりみち】((藤原一族は、[[大化の改新]]で活躍した[[中臣鎌足]]に始まる名門貴族である。))が作った。
--平安時代後期に入ると、末法思想が流行する。釈迦が死んで1000年経つと釈迦の教えが通用しなくなるという考えであり、一種の終末思想である。西暦でいえば1052年であった。そこで、貴族たちは阿弥陀様にお願いして極楽浄土に行こうとし、寺院をたくさん建立する。その1つが平等院鳳凰堂である。
-京都宇治にある。
-10円玉にも描かれているので有名。
-現在はお寺だが、元々は[[藤原道長]]の息子である関白藤原頼道【よりみち】の別荘である。
-羅城門【らじょうもん】(国家の首都の正門。映画「羅生門」の舞台。)が荒廃していた同時期に建てられた。
--藤原氏は豪華な建物を建てる一方、国家には正門を修復するお金さえなかったのである。

[補足]頼道の父である[[藤原道長]]【みちなが】が建てたのは、法成寺【ほうじょうじ】である。 ◇


*参考文献 [#a7e620f5]

-『おとなの楽習2 日本史のおさらい』
-『点と点が線になる 日本史集中講義』