• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • アンカー へ行く。

**ボードの厚さを探る [#h2794ca5]

-石膏ボードにアンカーを打つには、ボードの厚さとともに、胴縁の位置を調べる必要がある。胴縁の部部は同サイズのアンカーは使えないからである。
-ボードの厚さを知るには、[[コンセント]]を外して切り口を見るのが確実である。
-柱や窓枠のきわを探せば、どこかにわずかな隙間が見つかる。そこに[[パレットナイフ]]か[[紙]]]を差し込む。突き当たった深さはボードの厚さ、または塗り壁の厚さである。
--隙間に沿ってずれしていき、'''規則的に'''引っ掛かるところがあれば、そこが胴縁の位置である。
-板材や石膏ボードの胴縁を探す器具としては、壁裏探知器が便利である。

*アンカーの種類 [#icaf8ec8]

-[[コンクリート]]壁向け
--カールボルトプラグ
--フィッシャー
--ヒットネイル
---発泡コンクリート用。
-石膏ボード壁向け
--ボードアンカー
--トグラー
--グラバー
-厚さがわからない石膏ボード向け
--キリ付きアンカー
--モノマックス
--石膏ボードクギ


*参考文献 [#k8993e90]

-『自分でやる住まいの徹底修理術』