このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

*目次 [#k6db40a3]
諸事情により解錠の方法については公開を停止します。~
書籍『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』では、錠前の構造、歴史、鍵開けについて詳細に解説しているので、そちらを参照してください。

#contents

*宣伝 [#ed3b39b6]

 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]

 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
-興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。
-[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。


//*目次 [#k6db40a3]
//
//#contents
//
//*宣伝 [#ed3b39b6]
//
// 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
// 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。
//
//[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]
//
// 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
//
//
//
//
//*インプレッション [#b74be295]
//
// 通常鍵屋に合鍵を作ってもらうときは複製したい鍵(あるいは鍵の輪郭や番号)を持っていく。そしてキーをコピーする専用機械で自動的に複製するわけである。だから機械の使い方さえわかればよいだけで、特別な技術は必要ない。しかしながら、鍵がない状態で合鍵を作りたいこともあるだろう。そうしたときに、ターゲットとなる錠が目の前にあるときに(鍵屋がドアの前まで来る)、合鍵を作る技術のひとつとして''インプレッション(impressioning)''がある。
//
// インプレッションの基本は''ブランクキー''と呼ばれる凸凹のない鍵に、凸凹の溝をつけていき、目的の合鍵を作る方法である。ブランクキーにマジックを塗ったり、ススをつけて、ターゲットとなる錠に差し込む。差し込んだ状態で回す。もちろんこの状態では開錠しないが、錠のピンやウォードにひっかかった部分のススなどが落ちている。そこを少しずつ削っていく。これを繰り返すことで徐々にひっかかる部分がカットされていき、最終的には目的の合鍵が作成できるわけである。
//
// インプレッションは単なる鍵屋(鍵コピー屋)から鍵師(ロックスミス)になるために必須の技術といえる。もちろん一長一短では身に付かない。また錠に合わせてブランクキーを変えていったり、カットし過ぎないようにしないために、それなりの経験も必要である。
//
//
//*インプレッションに必要な品物 [#ie86b26a]
//
//-ブランクキー
//--錠によってブランクキーも変わってくるので、たくさん色々な種類を用意しておく必要がある。
//-ろうそく or マジック
//--めっきを削るだけの場合はいらない。
//-やすり or ハンドカッター
//-万力
//--必須ではないが、ブランクキーを削るときに固定できて便利。
//
//**関連道具 [#yde4c40f]
//
//*各種錠のインプレッションの難易度 [#o6e90d50]
//
// 簡単な順に並べてみた。
//
//+[[ウォード錠]]
//--[[インプレッションによるウォード錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%A6%A5%A9%A1%BC%A5%C9%BE%FB#i0f59f05]]
//+[[レバータンブラー錠]]
//--[[インプレッションによるレバータンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%EC%A5%D0%A1%BC%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#i373b14b]]
//+[[ピンタンブラー錠]]
//--[[インプレッションによるピンタンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%D4%A5%F3%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#i5320ae1]]
//+[[ディスクタンブラー錠]]
//--[[インプレッションによるディスクタンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%C7%A5%A3%A5%B9%A5%AF%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#m3cbc8ba]]
//
//
//*参考文献 [#m3fd6efd]
//
//-『HOW TO FIT KEYS BY IMPRESSIONING』


*インプレッション [#b74be295]

 通常鍵屋に合鍵を作ってもらうときは複製したい鍵(あるいは鍵の輪郭や番号)を持っていく。そしてキーをコピーする専用機械で自動的に複製するわけである。だから機械の使い方さえわかればよいだけで、特別な技術は必要ない。しかしながら、鍵がない状態で合鍵を作りたいこともあるだろう。そうしたときに、ターゲットとなる錠が目の前にあるときに(鍵屋がドアの前まで来る)、合鍵を作る技術のひとつとして''インプレッション(impressioning)''がある。

 インプレッションの基本は''ブランクキー''と呼ばれる凸凹のない鍵に、凸凹の溝をつけていき、目的の合鍵を作る方法である。ブランクキーにマジックを塗ったり、ススをつけて、ターゲットとなる錠に差し込む。差し込んだ状態で回す。もちろんこの状態では開錠しないが、錠のピンやウォードにひっかかった部分のススなどが落ちている。そこを少しずつ削っていく。これを繰り返すことで徐々にひっかかる部分がカットされていき、最終的には目的の合鍵が作成できるわけである。

 インプレッションは単なる鍵屋(鍵コピー屋)から鍵師(ロックスミス)になるために必須の技術といえる。もちろん一長一短では身に付かない。また錠に合わせてブランクキーを変えていったり、カットし過ぎないようにしないために、それなりの経験も必要である。


*インプレッションに必要な品物 [#ie86b26a]

-ブランクキー
--錠によってブランクキーも変わってくるので、たくさん色々な種類を用意しておく必要がある。
-ろうそく or マジック
--めっきを削るだけの場合はいらない。
-やすり or ハンドカッター
-万力
--必須ではないが、ブランクキーを削るときに固定できて便利。

**関連道具 [#yde4c40f]

*各種錠のインプレッションの難易度 [#o6e90d50]

 簡単な順に並べてみた。

+[[ウォード錠]]
--[[インプレッションによるウォード錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%A6%A5%A9%A1%BC%A5%C9%BE%FB#i0f59f05]]
+[[レバータンブラー錠]]
--[[インプレッションによるレバータンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%EC%A5%D0%A1%BC%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#i373b14b]]
+[[ピンタンブラー錠]]
--[[インプレッションによるピンタンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%D4%A5%F3%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#i5320ae1]]
+[[ディスクタンブラー錠]]
--[[インプレッションによるディスクタンブラー錠の合鍵作製:http://akademeia.info/index.php?%A5%C7%A5%A3%A5%B9%A5%AF%A5%BF%A5%F3%A5%D6%A5%E9%A1%BC%BE%FB#m3cbc8ba]]


*参考文献 [#m3fd6efd]

-『HOW TO FIT KEYS BY IMPRESSIONING』