• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • コレラ へ行く。

*コレラ [#ze7a5350]

-19世紀に入るまでは[[インド]]のガンジス川流域を中心とした風土病であった。
-強力な感染力と約75%という高い致死率によって、その脅威は瞬く間に全世界に知れ渡るようになった。
-激しい下痢と嘔吐が襲い、脱水症状と共に血液低下、血行障害などを起こし、生きる体力と気力が失われた患者は死を待つのみである。
-[[ドイツ]]の医学者マックス・フォン・ペッテンコーヘルは、「コレラの真の原因は、コレラ菌ではなく、別にある」という主張を証明するために、大勢の人々が見守る中にコレラ菌の培養液を飲み干した。
--まだ抗生物質が登場する前のことである。
--その後、ペッテンコーヘルには何の変化も現れなかった。つまり、感染はしたが、発病はしなかったのである。

*参考文献 [#adffd2fd]

-『あなたの隣のミクロの恐怖』