このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ

*目次 [#b934a7cc]
諸事情により解錠の方法については公開を停止します。~
書籍『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』では、錠前の構造、歴史、鍵開けについて詳細に解説しているので、そちらを参照してください。

#contents
*宣伝 [#ed3b39b6]

 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]

 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
-興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。
-[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。


//*目次 [#b934a7cc]
//
//#contents
//*宣伝 [#ed3b39b6]
//
// 鍵開けに関するページでは、古かったり、誤った解釈をしていたりするところが多々あります。今後は少しずつ修正する予定です。~
// 錠前の構造、歴史、鍵開けの方法を載せた『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』が発売されています。サイトの内容はほとんど参照しないで書いたので、あまり重複していないと思います。
//
//[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/img/cover_mini.png,nolink,『ハッカーの学校 鍵開けの教科書』公式サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]
//
// 興味がある方は[[公式サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/lock/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4781702228/]]でも発売中です。
//
//
//
//
//*トップピンとボトムピン [#y02ee943]
// 錠のピンはトップピンと呼ばれる上の部分とボトムピンと呼ばれる下の部分があります。このトップピンを全て水平線上に来るようにすると、鍵が回せる状態になるわけです。厳密に言えば、後述しますがテンションでズレを作って、ピンを押し上げると、トップピンが水平状態、ボトムピンが下に落ちます。 
//
//#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image2/bluepick.gif)
//#img(,clear)
//
// 無理やりシリンダーを回そうとしても回転せず、鍵先をみるとわかるようにその凸凹が水平線に一致してから回転しなければなりません。よって、ピックで鍵の中の凸凹を一致させてから、シリンダーで回せば、鍵が開く、即ちピッキングが成功というわけです。 
//
//
//*flashでピッキングの仕組みを理解する [#e34167ec]
//
// [[このflash:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/flash/picking.swf]]を見てみてください(左下の緑の丸ボタンを押してください)。
//
// きれいに下ピンが一列に揃って内筒が回転しています(上ピンはスプリングで上に持っていかれているが、回転には関係ない)。つまり、ピックとテンションを使って、鍵を挿入したときを同じ状況を作り出してしまうわけです。 
//
//
//*動画でピッキングの仕組みを理解する [#s5f41608]
//
//-[[動画1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/combtec.mpg]]
//-[[動画2:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/lkphoto.mpg]]
//-[[動画3:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/prestec.mpg]]
//-[[動画4:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/raketec.mpg]](ひっかきによるピッキング)
//-[[動画5:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/taptec.mpg]]


*トップピンとボトムピン [#y02ee943]
 錠のピンはトップピンと呼ばれる上の部分とボトムピンと呼ばれる下の部分があります。このトップピンを全て水平線上に来るようにすると、鍵が回せる状態になるわけです。厳密に言えば、後述しますがテンションでズレを作って、ピンを押し上げると、トップピンが水平状態、ボトムピンが下に落ちます。 

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image2/bluepick.gif)
#img(,clear)

 無理やりシリンダーを回そうとしても回転せず、鍵先をみるとわかるようにその凸凹が水平線に一致してから回転しなければなりません。よって、ピックで鍵の中の凸凹を一致させてから、シリンダーで回せば、鍵が開く、即ちピッキングが成功というわけです。 


*flashでピッキングの仕組みを理解する [#e34167ec]

 [[このflash:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/flash/picking.swf]]を見てみてください(左下の緑の丸ボタンを押してください)。

 きれいに下ピンが一列に揃って内筒が回転しています(上ピンはスプリングで上に持っていかれているが、回転には関係ない)。つまり、ピックとテンションを使って、鍵を挿入したときを同じ状況を作り出してしまうわけです。 


*動画でピッキングの仕組みを理解する [#s5f41608]

-[[動画1:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/combtec.mpg]]
-[[動画2:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/lkphoto.mpg]]
-[[動画3:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/prestec.mpg]]
-[[動画4:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/raketec.mpg]](ひっかきによるピッキング)
-[[動画5:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/douga/taptec.mpg]]