このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 異常性格 へ行く。

*目次 [#m6f6c602]

#contents


*異常性格 [#gccf279d]

・性格の偏りが著しいこと。

・これは、平均基準による評価であるから、異常に意思の強い人、異常に自信の強い人、異常に感情の敏感な人など、場面や用い方によっては有用で貴重な資質も含まれている。 

・芸術や科学の天才、政治的リーダー、教祖などの多くは、この意味では異常性格の定義と一致する。 

・つまり、異常性格者にはよい人も悪い人もいるわけで、この言葉は価値判断を含まない。 

・異常性格者のうち「自身がその異常性のために悩むか、あるいは社会がそのために悩まされるような人々を、精神異常者という」と定義したのは、ドイルの精神科医クルト・シュナイダーである。 

 ここでは、異常性格という平均基準の上に、「悩む」あるいはかつ「悩ませる」という価値基準が加わっている。論理学的にいえば、異常性格が上位概念、精神病質が下位概念となる。これを''変異概念''という。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/henigainen.gif)
#img(,clear)

・一方クレッチマーは精神病質を正常と精神病の中間状態と考えた。これを''中間者概念''という。

#img(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/image8/tyuukansyagainen.gif)
#img(,clear)

・異常者(≒狂人)と健常者の違いをはっきり明確にしようとした者にフーコーがいる。