• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 生来性犯罪者 へ行く。

*目次 [#y66444d9]

#contents


*生来性犯人説 [#we89a936]

-=生来性犯罪者説
-ロンブローゾは、犯罪者の治療に関わった多くの経験の後、すべての犯罪者が先天的に反社会的だという信念を捨て、様々なタイプの犯罪者がいるという説を発表した。つまり、彼らは将来において犯罪を起こす宿命に生まれついたという、100%の素因重視説であった。
-%%ロンブローゾは、犯罪者の治療に関わった多くの経験の後、すべての犯罪者が先天的に反社会的だという信念を捨て、様々なタイプの犯罪者がいるという説を発表した。つまり、彼らは将来において犯罪を起こす宿命に生まれついたという、100%の素因重視説であった。%%
-生来性犯罪者の発想は骨相学や当時ヨーロッパ社会に大きな影響を与えた[[ダーウィン]]の自然淘汰の考えが大きく影響しており、またその実証方法として犯罪統計学が利用されている。

*生来性犯罪説と進化論 [#h8ac66d0]

 当時から反論の多い説だが、なぜこのような極端な説になったのかというと、ロンブローゾの説が出た1876年から20年前に[[ダーウィン]]の進化論が出ていることが影響している。進化論の中の自然淘汰理論を[[犯罪学]]にそのまま当てはめたのである。また、ヨーロッパの[[精神医学]]では伝統的に素因重視の立場を取っていたのである。

 よって、素因よりも環境を重視するアメリカやソ連の心理学者や社会学者からは、後に偏見や差別を強調する学説として攻撃の対象となった。

 現在は犯罪は劣った環境によって十分な社会化を受けなかったために起こるとするアメリカの社会心理学者の環境重視論が優勢である。


*生来性犯罪者の分類 [#u38ad895]


**ロンブローゾの生来性犯罪者説 [#v2c15fe5]

-1876年に出版した『犯罪人論』の中で生来性犯罪者説を主張した。
-男子犯罪者の解剖学的調査、現存の犯罪者の身体測定、兵士と精神疾患者の身体的・精神的特徴の調査などから、犯罪者の先天的な特徴を指摘した。
-現在の科学知見からすれば、あまりに荒唐無稽な学説ではあるものの、それまでの古典的な犯罪者に対して、ダーウィンの発想や統計学的な裏付けを持って構築されたロンブローゾの考えは、当時の社会に大きな影響を与えた。
-ロンブローゾの考えは、修正されながら[[犯罪人類学]]として発展したが、その後多くの批判を受けた後、犯罪生物学へと変容し研究が進められることとなる。
--この犯罪生物学は、犯罪者を生物学的要因で説明しようとするものであり、例えば犯罪者の家系や双子から、犯罪性にかかわる遺伝要因の検討が試みられる。
---ただし、これらの考え方は遺伝的宿命論に偏り過ぎ、分析方法も不十分であったため、人間行動を遺伝と環境の相互作用と考え現在の犯罪生物学に至るまで大きく修正を余儀なくされることとなる。
---なお、当時の犯罪生物学の成果の1つに、類型論的アプローチを用いた犯罪者の分類が挙げられる。

[補講]ロンブローゾが活躍した時期は、犯罪心理学の歴史的にも興味深い時期であった。

-『犯罪人論』が出版された1976年から3年後、1879年にウィルヘルム・ヴントが世界初の心理学実験室を開設した。
-1888年8〜11月、イギリスでは切り裂きジャック事件が発生し、法医学講師トマス・ボンドが先駆的な犯罪者プロファイリングを行い、ロンドン警視庁に手紙を送っている。
-同時期にシャーロック・ホームズ・シリーズが愛読された。

◇

***ロンブローゾの仮説 [#z7095d10]

+犯罪者は生まれつき罪を犯すように運命づけられている。
+犯罪者は身体的および精神的特徴を持っており、一般人との識別が可能である。
+犯罪者は野蛮人に先祖返りした者、あるいは退化した者である。


***ロンブローゾによる分類 [#q80bb861]

 生来性犯罪者ではない犯罪者は次の6つのカテゴリーのどれかに該当する。 

-常習的犯罪者、職業的犯罪者 
--計画的に法を犯し、職業として犯罪に従事している。
--筋金入りの受刑者と毎日接触する刑務所のことをロンブローゾは犯罪大学と呼んでいる。
--この犯罪大学での悪しき影響は、この犯罪者の深化に重要な役割を果たしている。 
-刑法上の犯罪者 
--生まれつき堕落しているのではなく、単に思慮、注意あるいは自前の考慮不足から法律に違反したもので、一時的なタイプである。 
-激情犯罪者 
--激しい愛情、自尊心、功名心あるいは愛国心のために法を犯す。
--名誉や愛するものあるいは国を守るために殺人を行う。 
-偶発的犯罪者 
--弱い性格を持っており、よい見本にも悪い見本にも非常に影響されやすい。
--生来性犯罪者にとても類似する生まれついての特徴を持っている。
--しかし、犯罪行為の重要な決定因は環境であり、対照的に生来性犯罪者は、強い生物的的素因によって説明される。 
-精神障害者 
--サイコパスに類似する。 
-ヒステリー性の犯罪者 
--不安を持つ神経質なタイプ。

***ロンブローゾが指摘した犯罪者の特徴 [#hc46da9a]

-身体的特徴
--小さな脳
--厚い頭蓋骨
--大きな顎
--狭い額
--大きな耳
--異常な歯並べ
--鷲鼻
--長い腕
-精神的特徴
--道徳感覚の欠如
--残忍性
--衝動性
--怠惰
--低い知能
--感覚の麻痺


[補講]皮肉なことに、死後に測定されたロンブローゾの脳の重さは、1,308グラムであり平均以下の重さであったという。 ◇

*参考文献 [#z218bdd8]

-『犯罪の心理学 なぜ、こんな事件が起こるのか』
-『基礎から学ぶ犯罪心理学研究法』