このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 対応原理 へ行く。

*対応原理 [#yec8656a]

 対応原理とは、古典力学(マクロの世界)を[[量子力学]](ミクロの世界)で説明するという狙いを持つ学説である。古典力学は連続的、量子力学は不連続的である。これを古典力学の世界も不連続かもしれないとして考える。例えば、日常生活における力学は連続しているのに、何故不連続なのかという点が疑問に残る。これを、対応原理では取れるエネルギー値の間隔が狭いので、連続しているように見えると考える。

 このように考えれば、古典力学も量子力学で説明できるのである(逆は不可能)。


*参考文献 [#o8f8a77b]

-『図解雑学 量子力学』