このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 熱収縮チューブ へ行く。

*目次 [#bfd8e0f9]

#contents


*熱収縮チューブ [#we1e6504]

-熱を加えると収縮するチューブ。
--熱する方法としては、ドライヤーの熱(強力な熱が必要)、[[ヒートガン]]、[[はんだごて]]の熱、お湯の熱(電子回路などで使う場合はこの方法はダメ)などを利用する。
-[[大車林での熱収縮チューブの説明::https://www.weblio.jp/content/%E7%86%B1%E5%8F%8E%E7%B8%AE%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96]]
-[[大車林での熱収縮チューブの説明:https://www.weblio.jp/content/%E7%86%B1%E5%8F%8E%E7%B8%AE%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%96]]
-購入する場合は、収縮前と後の寸法に留意する。
--収縮した後でもスカスカでは意味がない。


*活用例 [#s5e08f9a]

-配線同士を結合するのにははんだ付けをするが、その部分を隠す方法として不透明の熱収縮チューブ(黒色など)を使用する。ビニールテープだと剥がれたり、粘着力が低下したりする可能性がある。

-電気配線の接続部分に被せ絶縁として利用できる。


*購入可能場所 [#zddcf399]

-オンラインではAmazonや[[RSコンポーネンツ:https://jp.rs-online.com/web/c/cables-wires/cable-accessories-ties-tools/heat-shrink-cold-shrink-sleeves/]]で購入できる。
--サイズや材質の種類など詳しく調べたい場合は、RSコンポーネンツが各種取り揃えているので参考になるかもしれない。
-パーツ屋に様々な太さの熱収縮チューブが売られている。
-ダイソーにも熱収縮チューブが売られているが、1m巻で100円なので高いかも。