• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • 法隆寺 へ行く。

*法隆寺 [#ja7627cf]

-法隆寺は現存する世界最古の木造建築である。
--五重塔や金堂【こんどう】は、およそ1300年前の建立当時のままである。
-新羅が朝鮮半島を統一した頃、日本では法隆寺が建立された。
-新羅が朝鮮半島を統一した頃、[[日本]]では法隆寺が建立された。
-7世紀の初め、推古天皇にかわって政務をとった聖徳太子が、斑鳩【いかるが】の地に斑鳩宮【いかるがのみや】と斑鳩寺【いかるかでら】を建てた。しかし、太子の死後、朝廷の実権を握った[[蘇我入鹿]]が斑鳩宮に火を放った。その後、落雷により斑鳩寺も消失する。
--人々は聖徳太子一族の不幸を弔うために、斑鳩寺の跡に法隆寺を建立したという説がある。
-法隆寺の金堂には、阿弥陀観音像【あみだかんのうぞう】を始めとする壁画が描かれている。
--この壁画は[[インド]]西部にあるアジャンター石窟【せっくつ】寺院の壁画の影響を伝えるものである。


*参考文献 [#y7d2e4a0]

-『集英社版・学習漫画 世界の歴史4 三国志の英雄と隋・唐のかがやき 【古代中国と朝鮮半島】』