• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • DL仮定 へ行く。

*目次 [#vb02d8ae]

#contents

*宣伝 [#nfa2cec4]

 当サイトにおける暗号に関するページでは、説明が足りなかったり、誤った記述をしていたりするところがあります。今後、少しずつ修正する予定です。~

 暗号理論の『暗号技術のすべて』が発売されています。初心者向けの暗号本です。これまで暗号本に何度か挑戦しつつも挫折してしまった方、学校の課題で悩んでいる方、資格試験にて暗号の問題が苦手な方などにお勧めです。

[[&ref(http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/img/cover_mini.jpg,nolink,『暗号技術のすべて』宣伝サイト);>http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/]]

 興味がある方は[[宣伝サイト:http://s-akademeia.sakura.ne.jp/main/books/cipher/]]を参照してください。[[Amazon:https://www.amazon.co.jp/dp/4798148814/securityakade-22]]でも発売中です。


*DL問題とDL仮定 [#r21c5a7b]

 Gを素数位数qの巡回群、gをGの生成元、hをGの元とする。このとき、(G,q,g,h)が与えられたときに、&mimetex("g^x \equiv h \pmod{q}");を満たす正の整数xを求める問題をDL問題(離散対数問題)と呼ぶ。

 そして、DLPを解く効率的なアルゴリズムが存在しないという仮定のことを、(群Gに対する)DL仮定と呼ぶ。

[補講]ものすごくラフに言えば、gの右肩であるxを解く問題がDL問題であり、その問題を効率的に解けないという仮定がDL仮定ということである。 ◇