このページをはてなブックマークに追加このページを含むはてなブックマーク このページをlivedoor クリップに追加このページを含むlivedoor クリップ
  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • OSローダー へ行く。

*目次 [#zdc6d7ee]

#contents


*OS起動の流れ [#wbf2e58d]

1:PCの電源を入れる。

2:マザーボードにセットされたCPUが動作し、マザーボード上にあるROMにアクセスする。 

3:ROMにはメモリ、接続されている周辺機器や割り込みベクタ・テーブルの初期化をするブートプログラムとディスクの先頭セクタをロードするROMローダー・ルーチンというプログラムがある。

例:8086 CPUでは電源投入時、アドレスFFFF:0000からスタートするような設計になっている。よって、このアドレス付近にROMをセットされ、ブートプログラムやROMローダルーチンが組み込まれている。

 CPUによって、ROMの中のブートプログラムが実行される。これでハードウェアの初期化が開始される。

 次に、ROMローダ・ルーチンが実行されて、[[HDD]]や[[FDD]]の先頭セクタがロードされる。

3:読み込んだ先頭セクタにOSローダーがあると、OSのプログラムをRAMに書き込みまれる。
3:読み込んだ先頭セクタにOSローダーがあると、OSのプログラムをRAMに書き込まれる。

 RAMに書き込まれたOSのプログラムがCPUによって実行される。実行の過程でOSは、システム動作のために必要な初期化を逐次行う。

4:OSが起動される。


*参考文献 [#h99ba586]

-『OS図鑑』