ふるさと納税の活用状況【2023年版】

2023年2月3日

新規購入したり返礼品が到着したりする度に、このページを随時更新します。
自分の忘備録を兼ねています。

2023年のふるさと納税の活用状況

以下の表における、おすすめ度は私の主観によるものです。★が低くてもおすすめできないという意味ではありません。★2でも十分満足していますが、優先度が低いということです。

注文日自治体返礼品購入サイト価格到着済みかミジンコ的
おすすめ度
補足
2023/1/20熊本県
大津町
熊本うまかポーク 切り落とし2.8kg+ミンチ1.2kgセット 計4kg楽天市場10k
2023/1/24北海道
北見市
北海道産 玉葱 5kg(Lサイズ以上)楽天市場4k2/3着★★★★

ふるさと納税サイトを使い分ける

ふるさと納税を購入する場としては、以下のサイトが有名です。

ポイントサイトを活用してポイント二重取り

ふるさと納税をやっている時点でかなりお得ですが、さらにお得を狙うのであれば、ポイントサイトをおすすめします。

どのポイントサイトがお得かは状況によります。通常はお気に入りのポイントサイトを1つ決めて、そこを使い続けるとよいでしょう。慣れてきたら、高額案件検索でポイントサイトを比較することをおすすめします。

ハピタスの場合

ハピタス経由であればポイントがダブルでもらえます。

モッピーの場合

ちょびリッチの場合

Pontaポイントを1.5倍増量してからふるさと納税に充当する

Pontaポイントをau PAYマーケット限定Pontaポイント(期限あり、au PAYマーケットのみで使用可)に増量交換できます。

誰でも1.1倍の増量交換、auスマートパスプレミアム加入済みであれば1.5倍の増量交換になります。

au PAYふるさと納税を使用する際に、Pontaポイントが余っているのであれば、限定Pontaポイントの増量交換して消費するのがお得です。

ふるさと納税したことが反映されたことを確認しよう

いくらふるさと納税をしても、控除忘れや役所の手続きミスがあれば、お得を享受できません。

以下の記事を参考にして、年に1回はふるさと納税が反映されていることを確認することをおすすめします。

おわりに

ふるさと納税をいきなり最大限に活用するのは難しいので、徐々にステップアップするこをとおすすめします。
ふるさと納税をまだしたことがなければ、やり方を習得するために今年は10k程度挑戦してみるとよいでしょう。2年目以降から徐々に額を上げていけばよいのです。
ある程度慣れてきたら、ポイント二重取りにも挑戦してみましょう。
わからないことがあれば気軽にDMをください。