Microsoft 365を8k前後で入手する方法【VPN活用編】

今回の記事のネタについては、虎牙龍樹(@kogaryuju)さんから提供して頂きました。
同人誌を作成するためにWordが必要であり、Microsoft 365を購入・導入したため、その顛末を記事にまとめました。

Microsoft 365 Personalとは

Microsoft 365(旧Office 365)はMicrosoftが提供するOffice製品ラインナップ(Word、Excel、PowerPooint、Outlook、OneDrive)のサブスクサービスです。

家庭向けとして使うのであれば、一般にMicrosoft 365 Personalになります。

Microsoft 365 Personalを購入する

Microsoftで課金するパターン

最も簡単かつ一般的なのはMicrosoftで課金してしまうことです。

Windows、Mac、タブレット、スマホ(iOS、Android)にインストールできます。同一ユーザーが使用するデバイスに無制限インストールできますが、同時にサインインできるのは5台になっています(同時接続台数そのもの)。

月々1,284円になります。1年分を一括で支払えば12,984円になり、約1ヶ月分お得になります。

Amazonでオンラインコードを購入する

公式であるMicrosoft以外でサブスク用のオンラインコードが販売されています。

Amazonであれば、11.5k前後で販売されています。Microsoftで購入するより、1k以上安くなります。

今回の記事のテーマはこれより安くすることを目的としています。

Yahooストアでオンラインコードを購入する【本書のテーマ】

YahooストアでMicrosoft 365 Personalを探すと、次の商品を見つけました。価格は税込みで8kです。クーポンが使えるとさらにお得になります。

レビューを見ると、どうやらVPNを使ってインストールするようです。いくら安いといっても、目的のWord等を起動できなければ意味がありません。

特に、ネット初心者やVPN初挑戦の人は二の足を踏むと思いましたので、本記事でこの商品を購入してからWordを起動するまでを解説します。

※実際に購入してうまくいかない場合は、購入ショップ側にお問い合わせください。ショップ側もレビューで低評価を付けられたくないので、トラブルや疑問等については対応してくれるはずです。

※本記事はあくまでVPNを使ったインストールの流れを知るために活用してください。

無料でOfficeを使用する【学生・教育者向けの最強テクニック】

学生や教育者向けとしてOffice 365 for Educationが用意されています。

無償でサインアップできて、Office 365を使用できます。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Microsoft Teamsなどが対象です。

学割を使うと色々なサービスがお得になるので、いつか記事にまとめる予定です。

Microsoft 365 Personalをインストールする【実践編】

① Yahooストアで購入する

購入前に商品ページの解説を熟読してください。

格安のところであれば本記事のように一時的にVPNが必要になります。商品ページのレビューや評価も参考になるはずです。

※間違っても中古品は買わないようにしてください。

購入後業者からオンラインコード(プロダクトキー)が送られてきますが、返信には少し時間がかかります。1営業日があれば返答があると思います。

届くメールにはオンラインコードに加えて、インストール手順も載っているはずです。本記事の内容と細かいところは違うかもしれませんが、基本的な流れには変わりがないはずです。

② Microsoftアカウントを用意する

Office製品を使うにはMicrosoftアカウントが必要です。実際に使用する際にはMicrosoftアカウントでサインインするわけです。

まだアカウントを持っていなければMicrosoftのsetupページで作成します。

③ UrbanVPNをインストールする

メールのインストール手順では、UrbanVPNをブラウザのプラグインとしてインストールする方法が載っていますが、うまくいきませんでした。
そこで、OSにインストールするタイプのUrbanVPNを導入します。

UrbanVPNはフリーのVPNソフトです。次のウェブサイトからインストーラー("UrbanVPN.exe"ファイル)をダウンロードします。

④ UrbanVPNでイギリスに接続する

今回はメールに記述されている通り、United Kingdom(イギリス)を選んで接続します。なお、United States(米国)を選択してMicrosoftに接続を試みましたがアクセスできませんでした。

右側でUnited Kingdomを選び、再生(矢印)ボタンを押します。すると接続されます。接続すると、カウンターが動き出し、停止ボタンに変わります。

接続がうまくできない場合は何度か試します。

⑤ VPNを起動したままMicrosoft(setupページ)にアクセスする

VPNでイギリスに接続した状態にして、ブラウザを再起動してMicrosoftのsetupページにアクセスします。

サインインすると「今回のサインインが通常と異なるので、届いたコードを入力せよ」というダイアログが表示されます。これまで日本でサインインしていたのに、いきなりイギリスからサインインしたわけで、正常の動作です。

指定のメールアドレスにセキュリティコードが届くので、それを入力して認証します。

⑥ オンラインコードを入力する

オンラインコード(プロダクトキー)を入力します。

5つに分かれていますが、コピー&ペーストで一気に貼り付けられます。

地域は表示されている国(ここでは英国)のまま、[次へ]ボタンを押します。

※Office製品は後で日本語版をインストールできるので心配は不要です。

プロダクトキーの有効期限が表示されます。定期請求は無効にしておきます。

「Microsoft 365とOfficeに関する情報、ヒント、プランを希望します」のチェックボックスは好みでよいでしょう。ここではチェックを外します。

以上でアプリを入手する準備ができました。[確認]ボタンを押します。

⑦ 製品を確認する

Office製品のダウンロードページが表示されます。

今回はWindows用なので[デスクトップアプリのダウンロード]ボタンを押します。

言語は「日本語」、バージョンは「既定のバージョン」を選択して、[インストール]ボタンを押します。すると、インストーラーの"OfficeSetup.exe"ファイル(約8Mバイト)がダウンロードされます。

⑧ Officeをインストールする

“OfficeSetup.exe"ファイルを実行して、Officeをインストールします。

⑨ VPNの接続を解除する(通常に戻す)

Officeをインストールし終えたのであれば、UrbanVPNの接続を解除します。停止ボタンを押すだけです。

⑩ Wordを起動する

Officeを起動します。

初回はOfficeライセンス認証が走るので、Microsoftアカウントでサインインします。

ライセンス契約に同意します。「一緒に進歩する」画面ではどちらを選択してもよいですが、ここでは「オプションのデータを送信しない」を選びました。

後はWordが起動できれば成功です。