auじぶん銀行のじぶんプラスでプレミアムステージを狙う

2022年4月29日

ポイ活の世界では、楽天経済圏、ドコモ経済圏、PayPay経済圏、au経済圏などあります。
1年前までは楽天経済圏が強かったのですが最近は改悪が続いており、その他の経済圏が盛り上がっています。
本記事では、au経済圏の一部である、auじぶん銀行のじぶんプラスのステージを最大にする方法を紹介します。これにより、au経済圏をさらに強固にできます。

au経済圏

auじぶん銀行、auカブコム証券、au PAYカードで構築する経済圏です。

貯蓄に対して金利0.2%を得られると同時に、au PAYマーケットやau PAYアプリによる購入によりPontaポイントを貯められます。また、auカブコム証券+au PAYカードで50kまでのクレカ積立に対して1%ポイント還元されます。

これからau経済圏を構築しようとする方へ

au経済圏を構築するためには、銀行(auじぶん銀行)、証券会社(auカブコム証券)、au PAYカード(クレジットカード)、au ID登録といった、様々な準備が必要です。

これらを準備するのは面倒かもしれませんが、逆に準備するものが多いということはポイントをゲットできる案件がそれだけ多いということです。つまり、資金を増やすチャンスでもあり、最大限に活用してしまいましょう。

ポイントサイト、招待コード、セルフバックなど色々調べてみましたが、今のところポイントサイトが一番お得です。

※私の招待コードを発行してもよいですが、サイト閲覧者がもっとも得をするのはポイントサイトなので、あえて招待コードを紹介しません。

ポイントサイト等の登録がよくわからないかたは、私(@ipusiron)宛にDMを送ってもらえれば教えます。

以下の記事を参考にして、もっともお得な案件を探してください。

ポイントサイト未経験の方だと、わざわざアカウントを発行するのが面倒と思うかもしれません。
しかしながら、カード作成や口座開設といった案件は一般に高額案件です。ポイントサイト経由であれば数千ポイントをもらえるのが当たり前であり、これをやらないのはお金をドブに捨てているのと同じです。
これを機会にポイントサイトに挑戦してみることを強くおすすめします。

auじぶん銀行のじぶんプラスとは

じぶんプラスとは、auじぶん銀行のサービスの一種です。預金残高や利用状況によって、スタンプが得られ、その数に応じた特典を受けられるサービスです。

2022年4月1日からリニューアルされました[1]従来はじぶんプラス2といった数字によるものでしたが、よりわかりやすくなった形に改善されたことになります。

各ステージの特典

じぶんプラスのステージは次のようにレギュラー、シルバー、ゴールド、プレミアムの4段階に分かれています。最上位のプレミアムであれば、ATM出金手数料が月15回、他行宛の振込手数料が月15回無料になります。さらに、獲得Pontaポイントが15倍になります。

Pontaポイント獲得については基本的におまけであり、ステージを上げてからの話になるため、本記事ではあまり触れません。
プレミアムステージを得た上で、Ponta自動生成マシンを作る方法は後日記事します。

各ステージの判定について

スタンプを貯めるか、特別条件(スペシャルオファー)を達成するかによって、ステージが決まります。

スタンプを貯めるのが面倒であれば、特別条件を達成するのが手っ取り早いのですが、プレミアムステージを得るためには残高が1,000万円以上必要になります。

ほとんどの人は難しいと思われますので、本記事ではスタンプで5個以上でプレミアムステージを狙う方法を紹介します。

判定タイミングは毎月20日の終了時点(23:59:59)になります。取引は毎月21日~翌20日で判定されます。

ステージ判定シミュレーター

次のステージ判定シミュレーターを使うことで、ステージがどれにかるのかを簡単に調べられます。

プレミアムステージへの道【実践編】

①~⑥のカテゴリーがあり、条件を達成すればスタンプがそれぞれもらえます。

つまり、最大で6個のスタンプがあります。そのうち5個揃えると、プレミアムステージになります。

①入金

サラリーマンであれば給与受取としてauじぶん銀行に設定すれば、①は条件達成になります。

しかし、会社指定の口座にしか給与受取ができないこともあるでしょう。また、自営業であれば給与などはありません。給与受取の設計は他の銀行でも優遇されていますので、auじぶん銀行に使ってしまうのは少しもったいないといえます。

そこで「定額自動入金サービスによるご入金」を狙います。

auじぶん銀行のホーム画面から「定額自動入金サービス」ボタンを押します。するとWebでauじぶん銀行にログインを促され、その先で設定できます。

私は「楽天銀行⇒auじぶん銀行」で最低額の10kが自動入金されるように設定しています。

②口座振替

「口座振替」 or 「クレジットカードの引き落とし」が対象です。

他行の定額自動入金サービスを活用する

他行の定額自動入金サービスを用いて、auじぶん銀行から出金するようにすると、口座振替の対象になります。

例えば、住信SBIネット銀行は定額自動入金サービスがあります。しかも以下の画像のように、定額自動入金サービスにより、スマプロポイント30ptがもらえます。

①において、auじぶん銀行の定額自動入金サービスで「auじぶん銀行⇒住信SBIネット銀行」を実現し、
②において、住信SBIネット銀行の定額自動入金サービスで「住信SBIネット銀行⇒auじぶん銀行」を実現したとします。
すると、この2つの銀行間をお金が行ったり来たりするだけで、条件①と②を同時に満たせます。

Amazonギフト券15円分をオートチャージする

他のアプローチは単純にクレジットカードの支払い先の銀行として、auじぶん銀行を指定し、さらに少額でもよいのでクレカで決済するのです。

au経済圏で金利0.2%を目指すには、au PAYカードが必須なので、au PAYカードの支払い先の銀行にauじぶん銀行を登録した上で、au PAYカードで何か買えばよいでしょう。

しかし、ステージを上げるために無駄遣いするのは本末転倒です。

そこで、Amazonギフト券のオートチャージで毎月15円をau PAYカードから支払うことをおすすめします。たった15円の現金しか使いませんし、その15円分のAmazonギフト券は自分のアカウントで使えば無駄になりません。しかもオートチャージなので、一度設定すれば後は完全に自動で条件②を達成できます。

Amazonギフト券のオートチャージは、「アカウントサービス」>「Amazonギフト券」>「お客様のオートチャージ設定」から設定できます。設定を保存して、オートチャージが「オン」になっていることを確認してください。設定後、メールでも通知が来ます。

③キャッシュレス決済

au PAY残高へのチャージ

もっとも簡単なのはau PAY残高へのチャージです。

条件③を達成するだけでは「auじぶん銀行⇒au PAY残高」にチャージするだけです。手動であってもオートチャージ[2] … Continue readingであってもどちらでも構いません。

20日までに1回やればよいだけです。

ただし、au PAYで買い物をする人は別ですが、そうでなければau PAY残高がどんどん溜まってしまいます。そこで、au PAYアプリとauじぶん銀行を連携して自動払出機能を有効にすれば、指定金額以上(ゼロ円にすればすべて)を自動でauじぶん銀行に戻せます。

設定法は次の記事で解説しています。

auじぶん銀行からau PAY残高へ10万円を手動チャージ【Ponta獲得のため】

Ponta獲得を狙うなら、「auじぶん銀行⇒au PAY残高」で10万円チャージを狙うことになります。

オートチャージがやや難があるので、手動チャージでよいでしょう。

auじぶん銀行手動チャージ
・10万円
・毎月20日前にやる
※毎月1日に色々やると決めておけば忘れない。
au PAYアプリ自動払出ON
・毎月10日
・全額
※auじぶん銀行からのチャージした分は、現金扱いなので自動払出可能。

④エンタメ

これはやってもやらなくても構いません。これを除外しても、残りのすべての条件をクリアすればスタンプ5個になり、プレミアムステージになれます。

じぶん銀行totoの購入

じぶん銀行totoを購入ということは出費になります。あまりおすすめしませんが、すでに楽天経済圏でtotoやBIGを購入しているのであれば、その一部をauじぶん銀行でやるというのもありでしょう。

公営競技への入金

入金だけでOKです。つまり、入金後にauじぶん銀行に出金すれば、お金が移動するだけで条件④を達成できます。

実験としてTELEBOAT(テレボート)で試してみます。

ブラウザからTELEBOATのサイトにログインします。

その後、ネット投票会員登録で、auじぶん銀行を選びます。インターネット即時投票会員の申し込みページで、auじぶん銀行の口座等を入力します。

auじぶん銀行の「ネット口座振替受付サービス」ページが開きます。

なお、氏名や住所等の基本情報、暗証番号と投票用パスワードは設定します。

※過去に別の銀行でTELEBOATに登録していた場合、それとは別の加入者番号になります。例えば、私は過去に楽天銀行でTELEBOATに登録し、今回auじぶん銀行でもTELEBOATに登録しましたが、2つのアカウントができあがることになります。

[投票]ボタンを押すと、インターネット投票画面が開きます。上部の「入金・精算」>「入金する」を選択します。すると入金指示ができます。入金の最低金額は1kです。入金指示には投票用パスワードが必要です。

※入金指示には手数料がかかりますと書いてありますが、現在は無料のようです。

入金指示をすると、メールで通知が来ます。[残高更新]ボタンを押して購入限度額が増えれば、入金できたことになります。

「入金・精算」>「精算する」で選択して、全額を指定の銀行(ここではauじぶん銀行)に出金できます。

※TELEBOATへのログインできる時間帯は決まっているのでご注意ください。

⑤資産運用

auマネーコネクトを設定する

au経済圏で金利0.2%を狙うためにも、auカブコム証券を開設し、auマネーコネクトを設定すべきです。これだけで条件⑤を達成できます。

auマネーコネクトに設定されているかどうかは、auカブコム証券にログインし、「設定・申し込み」>「電子契約」ページを開きます。「auじぶん銀行自動引落(口座振替)※リアル版」の項目が「申込み済み」になっていればOKです。

※auカブコム証券に「auマネーコネクト」という用語が登場していないので要注意です。

⑥残高

総資産残高50万円以上

一番簡単なのは、総資産残高50万円以上です。auじぶん銀行をサブ銀行にすれば50万円は入れておけばよいだけです。そもそも金利0.2%とかなり有利なので、もっと入れておいてもよいぐらいです。

もしこれを達成できない人は、⑥の代わりにエンタメ④の条件を達成すればよいでしょう。

参考になる動画

おわりに

最初は色々と準備や設定があるため、面倒かもしれませんが、それらは一度やるだけです。
後はずっとその恩恵を受けられるわけなので、早く動いた者がより得をする仕組みになっています。
au経済圏もいつ改悪するかわからないため、もらえるときに最大限にもらっておくという精神でいきましょう🙋‍♀️

References

References
1 従来はじぶんプラス2といった数字によるものでしたが、よりわかりやすくなった形に改善されたことになります。
2 オートチャージであれば、プレミアムステージで10kごとに15Pontaポイント獲得の特典があります。しかし、2022年4月28日現在でau回線がないユーザーはオートチャージを封殺されました。これ以前にオートチャージを設定していたユーザーは有効のままですが、一度設定を変更すると戻せなくなります。