auじぶん銀行の外貨自動積立で年15,600Pontaポイントを錬金術する方法

今話題の錬金術になります。
半自動なので毎月1分ほどの手間はかかりますが、毎月ローリスクで約1,300Pontaポイントを得られます。年に換算すると約15,600Pontaポイントになり、バカにできない金額といえます。
あまりにも太っ腹すぎて、いつ改悪されるかわかりません。
ありがたく稼げるときに稼いでおきましょう🙋‍♀️

年15,500Pontaポイントをもらえる理由

auじぶん銀行のじぶんプラスには4段階のステージが用意されています。

ステージが高ければ、ATM利用手数料や振込手数料の無料回数が増加し、各種サービス利用時にPontaポイントが多くもらえます。

じぶんプラスではプレミアムステージがもっとも高ステージになります。

プレミアムステージだと、1,000円ごとの外貨自動積立で15Pontaポイントがもらえます。ポイント入手の対象の積立上限額は10万円です。よって、10万円の外貨自動積立で1,500ptが得られます。

1ヶ月で1,500Pontaポイントということは、年換算で18,000Pontaポイントになります。ただし、詳細は後述しますがローリスクを実現するにはすぐに売却します。売却時の手数料を考えると、1ヶ月で1,300Pontaポイント相当、1年で15,600Pontaポイント相当を期待できます。

auじぶん銀行のじぶんプラスでプレミアムステージを得る方法

本書の方法はプレミアムステージを前提とします。

プレミアムステージになる方法は次の記事を参照してください。

プレミアムステージを維持するためのルーティンについてを後日記事にします。

半自動Pontaポイント生成マシンのつくりかた【auじぶん銀行の外貨自動積立】

戦略

外貨普通預金に自動積立することでPontaポイントの獲得権利を得られます。非常に魅力的ですが、為替の変動によって、得られるPontaポイント以上に損をするリスクがあります(逆に得をする可能性もある)。

リスクを最小限に抑えてPontaポイントを得るためには、自動積立された後にすぐに売却してしまうのです。タイミングによっては為替が変動するかもしれませんが、数分の間の為替変動は許容するしかありません。また、売却時の為替手数料がありますが、200円程度に抑えられます。

以上を整理すると、次の内容が基本戦略となります。

Pontaポイントがもらえるのは外貨普通預金の自動積立です。外貨定期預金ではないので注意してください。

購入は自動だが売却は手動

積立日を設定できますが、時間を指定できません。公式によると午前10時頃となっています。実際には午前10時ぴったりと考えてよいでしょう。

午前10時になったら自動で購入されるので、即手動で売却するのです。

※設定日が休日だと積立できずに、翌営業日に積立することになります。

どの通貨を選ぶか

候補は米ドルとユーロです。

いずれも円に戻すときに、「1通貨当たり25銭」という為替手数料がかかります

つまり、1通貨当たりの価格が高ければ枚数が減るので、手数料の総額が安くなります。手数料を安くしたければ、ユーロを選んでください。

為替変動は米ドルの方が安定しているといわれているので、10時ぴったりに動けない人は米ドルを選んだ方が無難かもししれません。

マシンの初期設定

以降ではスマホのauじぶん銀行アプリを使って説明します。

1:auじぶん銀行アプリを起動して、マイページから「外貨普通預金」を選びます。

次の画面で「インターネットバンキングトップ」を押します。

2:インターネットバンキングのトップ画面が表示されたら、左上のハンバーガーアイコン>「外貨・FX」>「外貨自動積立」を選びます。

3:外貨自動積立の「取引」画面が表示されます。新規なので[申込]ボタンを押します。

通貨選択ダイアログが表示されます。ここでは戦略通りユーロを選択しました。

指示に従って、書面に同意して次に進みます。

積立設定の画面では、通貨が間違っていないことを確認します。

積立タイミングで毎月を選び好きな日を選びます。判定は20日区切りになるので、あまり接近し過ぎない日の方がよいでしょう。また、1日は他の人の設定と被る可能性があるので避けるべきです。ポイント目当ての他の人が10時直後に殺到することで繋がりにくくなる可能性があるためです。

積立金額には100,000円とします。

メモの入力は任意です。「他の外貨積立と区別すること」「Pontaポイント目的の積立であることがわかりやすくする」という目的のために「錬金術」と指定しておきました。

後は設定内容を確認して、先に進めば完了です。

毎月のルーティン【積立設定日の10時直前】

積立日が営業日でない場合は、ずれます。事前にauじぶん銀行のタイムラインで次回積立日を確認しておきます。

1:積立設定日の10時前後には予定を入れずに、待機しておきます。

外貨預金の売却には、auじぶん銀行のインターネットバンキングで行います。ログインするためのIDとパスワードを用意しておきます。

さらに、(auじぶん銀行の)キャッシュカードの裏面の乱数表を使うので用意しておきます。

時間との勝負になるので、慌てないように準備しておいてください。

2:10時になると自動積立されます。

3:auじぶん銀行アプリを起動して、マイページから「外貨普通預金」を選びます。

次の画面で「インターネットバンキングトップ」を押します。

4:インターネットバンキングのトップ画面が表示されたら、左上のハンバーガーアイコン>「外貨・FX」>「外貨預金」を選びます。

すると外貨預金画面が表示されます。

中段左側の国旗を売却したい通貨に変更します。デフォルトでは「米ドル」になっています。もしユーロを売りたい場合は押して切り替えます。その後、下の「外貨普通預金」の[払戻]ボタンを押します。

なお、入力や画面遷移を間違えた場合は、下部の「戻る」リンクを押してください。右上の「閉じる」リンクを押すと、インターネットバンキングの画面が閉じてしまいます。またログインからやり直しになってしまいます。

5:全額を払戻(売却に相当)するためには、円ではなく対象通貨(ここではユーロ)を指定します。

以下の画像では外貨普通預金残高が732.97ユーロとなっています。「ユーロで指定」を選び、残高額を入力して[確認する]ボタンを押します。

「確認番号認証」画面が表示されたら、乱数表を参考にして4桁の数字を入力します。次の画面に進んで、取引内容に問題が無ければ、最後まで進んでください。

ところで、auじぶん銀行では外貨預金の売却時に為替手数料がかかります。1ユーロ当たり25銭です。

今回は約733ユーロであるため、売却の手数料の総額は183.25円(=733ユーロ×25銭=18,325銭)になると計算できます。

6:インターネットバンキングからauじぶん銀行アプリに戻って、タイムラインを確認します。

うまくいけば、タイムラインに「入金:外貨普通預金 ユーロ」と表示されます。これは「外貨普通預金 ユーロ」を売却して、auじぶん銀行の預かり資産残高に「入金」したという意味です。

画像では積立分が10万円、払出したのが99,830円になっています。つまり、この差額の170円が売却手数料だったわけです。

7:次の日になると、獲得予定Pontaポイントとして1,500ptが計上されているはずです。

よって、この170円のコストで1,500Pontaポイントがもらえるわけです。

以上が外貨自動積立でPontaポイントをもらう方法でした。
auじぶん銀行でPontaポイントをもらったり、ステージを維持したりするためには、手動でやるべきことが少し残っています。
忘れないように、払戻をした日にまとめてやっておくことをおすすめします(これを毎月のルーティンとすれば忘れにくい)。
手動でやるべきことは、以下の2つになります。
・【Pontaポイント入手のため】auじぶん銀行からau PAYアプリに10万円現金チャージ。自動払出を有効にしておけば、次の日にauじぶん銀行の残高に戻って来る。つまり、チャージだけ手動でやればよい。
・【じぶんプラスのスタンプのため】テレボートの口座に1k入金。自動払出を有効にしておけば、次の日にauじぶん銀行の残高に戻って来る。つまり、口座の入金だけを手動でやればよい。
ここでは簡単にやるべきルーティンを述べましたが、改めて記事にする予定です。

入手したPontaポイントの使い道を検討する

以下の使い道が考えられます。

  • au PAYアプリのポイント運用
  • auカブコム証券でポイント投資
  • au PAYバーコード決済を用いて日々のお買物で自己消費
  • au PAYマーケット限定ポイントに交換してから自己消費
    • 三太郎の日(毎月3日、13日、23日)を狙えば、au PAYマーケットではそこそこ高還元を狙える。ポイントサイトを経由してさらにお得。
    • auスマートパスプレミアム未加入なら1.1倍交換、加入済みなら1.5倍交換。
    • 【最強技】au PAYマーケット限定ポイントはau PAYふるさと納税にも使える。