当サイトの一部ページには、アフィリエイト・アドセンス・アソシエイト・プロモーション広告を掲載しています。

Amazonのアソシエイトとして、Security Akademeiaは適格販売により収入を得ています。

広告配信等の詳細については、プライバシーポリシーページに掲載しています。

消費者庁が、2023年10月1日から施行する景品表示法の規制対象(通称:ステマ規制)にならないよう、配慮して記事を作成しています。もし問題のある表現がありましたら、問い合わせページよりご連絡ください。

参考:令和5年10月1日からステルスマーケティングは景品表示法違反となります。 | 消費者庁

Push Memory、Pop Memory【NandGame編】

はじめに

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

セミリタイア・ミジンコのIPUSIRONです😀

IPUSIRONのプロフィールを見る

Push Memoryレベル

Push Memoryレベルのゴールは、マクロPUSH_MEMORYを実装することです。

マクロPUSH_MEMORYは、次のように動作します。

①スタックの一番上にある値をPOPし、それをメモリーアドレスとして扱います。

②そのアドレスにある現在の値を取得して、スタックにPUSHします。

Push Memoryレベルを解く

POP_A
D = *A
PUSH_D

Pop Memoryレベル

Pop Memoryレベルのゴールは、マクロPOP_MEMORYを実装することです。

マクロPOP_MEMORYは、次のように動作します。

①スタックから2つの値をPOPします。

②2番目の値はメモリーアドレスであり、1番目の値をそのアドレスに書き込みます。

Pop Memoryレベルを解く

POP_D
POP_A
*A = D