nanacoの残高を使い切る方法

使わないnanacoカードを処分したいと思っても、残高が残った状態だともったいないです。しかし、買物金額を残高ちょうどに合わせるのは至難の業です。
本記事ではうまく残高を使い切る方法を紹介します。方法自体はシンプルですが、私の場合は自力で気付きませんでした(サービスカウンターで聞いて理解した)。

nanacoの残高を使い切って処分するという場面例

  • 複数枚のnanacoカードを持っていて、1枚に統一したい。
  • 家族が亡くなり、その家族がnanacoカードを持っていた。
  • 何らかの理由でnanacoサービスから脱したい。

nanacoについての基礎知識

nanacoカードは他の電子マネーカードと違って、チャージだけでなく、ポイントも内蔵されています。ごっちゃにしないようにしてください。

nanaco電子マネー・チャージするとこちらの残高が増える。
・買物の支払いに使える。
nanacoポイント・nanaco電子マネーで買い物をすると、nanacoポイントが付与される(200円⇒1pt)。
・nanacoポイントは直接支払いに使えない。
・nanacoポイントはnanaco電子マネーに交換できる。

nanacoの残高を使い切る【スーパーでの実践編】

今回は私がよく使うスーパー「ヨークベニマル」でnanacoを使い切る方法を実践してみました。

他の店でうまくやる方法、もっとスマートな方法があれば、是非TwitterのDMでお知らせください。

ステップ① nanacoポイントからnanaco電子マネーに交換する

方法は色々あります。

今回はヨークベニマルなので、サービスカウンターに行き、「nanacoのポイントを電子マネーに交換してください」と伝えます。

渡されたレシートには、「交換ポイント」に交換したnanacoポイントが印字されます。「ポイント残高」が0Pであることを確認してください。そして、「nanaco残高」がnanaco電子マネーの残高になります。この額を以後のステップで用いるので、このレシートは保存しておきます。

以上で買い物の準備が完了しました。

ステップ② 買い物する品を選ぶ

nanaco電子マネーを使い切るには、買い物する値段が電子マネーの額を上回る必要があります。

nanaco電子マネーの額が大きすぎてそれができない場合は、普通に全額電子マネーで支払って、使い切るのは後日の買い物に回してください。

ステップ③ セルフレジで会計する

ここではセルフレジで会計するものとします。

買い物する品物のバーコードをスキャンして、会計の段階まで進みます。

ステップ④ 先に現金払いをしてから、残りの金額をnanaco電子マネーで支払う

支払い方法の選択画面で、ついついnanacoでの支払いを選んでしまいます。しかし、それだとnanaco電子マネーの残高が不足しており、チャージを促されます。チャージでは切りのよい金額(千円単位)しかできません。不足金額で端数が発生していれば、チャージしていてもまたnanaco電子マネーが残高がゼロにならず、使い切るという目標を達成できないのです。

実はこれを解決する方法があります。方法はシンプルですが、いわれてみるまで気付きにくいかもしれません。

その方法とは、支払い方法の選択画面で現金払いを選ぶのです。硬貨の投入口に入れる金額は、「買い物の総額-nanaco電子マネーの残高」です。例えば、nanaco電子マネーに400円残っており、それを使い切りたいとします。買い物の総額が1,200円であれば、先に現金払いで800円を投入するのです。

その後で、残りの金額についてnanacoでの支払いを選ぶのです。これで、nanaco電子マネーの残高はゼロ円になり、使い切ったことになります。

先の例でいえば、支払いすべき残った金額は400円であり、これをnanaco電子マネーで支払ったことになります。

ステップ⑤ 付与されたnanacoポイントが惜しいのであれば次回の買い物の前にステップ①からやり直す、惜しくなければnanacoカードを破棄する

nanacoでの支払いについては、nanacoポイントが付与されます(200円⇒1pt)。

先の例でいえば、nanaco電子マネーで400円を支払ったので、2ptが付与されます。

この2ptは2円分のnanaco電子マネーに交換できます。この2円が惜しいのであれば、次回の買い物でステップ①からやり直します。繰り返していくたびにnanaco電子マネーでの支払い分は少なくなっていくはずであり、付与nanacoポイントも減ります。最終的には惜しくないレベルにまで下がるはずです。

捨てても惜しくないほどのnanacoポイントであれば、実質的にnanacoを使い切ったことになります。今後の買い物で間違って使ってしまわないように破棄してしまいましょう。

おわりに

私は両親を亡くし、親名義のカード類の手続きに奔走する日々が続きました。
ポイントカード、電子マネーカード、クレジットカード、パチンコ店のカードなど。
カードの種類によっては、長期間使わないと失効したり、nanacoのように有効期限がなかったりします。
今回は家の片付けをしたら、亡くしたと思っていた財布をぬいぐるみの中から発見し、その中にnanacoカードを発見しました。母名義のnanacoカードを処分するにしても、電子マネーやポイントの残高があったので、それを使い切ってから処分しようと考え、今回の記事に発展しました。
少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。